アロマ男子必見!秒で作れるアロマバスソルトの作り方

アロマを買ってみたは良いものの、どう使っていいか分からない…

僕も初心者の頃はそうでした。

とりあえず匂いを嗅いで楽しんでいたんですが、なんか物足りない…

「別にアロマじゃなくてもええやん(笑)」

とか思ってしまうんですよ。

せっかくアロマを買ったんだから有効活用したいじゃないですか(笑)

だからと言ってクラフト用のアイテムを集めるのは億劫だし、手間やコストを考えると腰が重い。

そこで!

ちょーーカンタンにアロマを楽しめる方法を今回は紹介したいと思います。

アロマを使ったバスソルトなら秒で作れる

バスソルトというモノをご存知でしょうか?

その名の通りお風呂で使う塩の事で、リラックス効果や発汗作用などのメリットを得ることが出来ます。

お風呂に入れるものと言えばバスロマン位しか知らなかったので、初めて聞いた時は衝撃を受けました(笑)

好きな香りのアロマを使った超カンタンなオシャレアイテム。

なんか惹かれますよね(笑)

複数作っておけば気分に応じて様々な香りを使い分ける事も可能です。

  • リラックスしたい時にはラベンダー
  • 明るくテンション上げたい時はグレープフルーツ
  • 風邪などが流行ってる時はティーツリー
  • スポーツ後で身体が痛む時はローズマリー

使いたい時にサッと取り出し、サラサラ〜とお風呂に入れるだけでアロマバスに大変身!

優雅ですよね〜(笑)

最初は自分には無縁だと思ってたんですが、やってみるとカンタンに作れるし香りも良いしサイコーです(笑)

是非やって欲しい!

男子が作るアロマバスソルトに必要なもの

絶対用意するもの

  • 天然塩
  • アロマ

あると便利なもの

  • 空きビン(リポビタン等)→容器に使う
  • 竹串or割り箸→混ぜるのに使う

これだけ(笑)

たったこれだけで超絶ブルジョワアイテムが作れるんです。

「か…かんたんすぐるぅ!!(笑)」

っとその前に。

天然塩ってなんぞや?

「普通の塩じゃダメなの?」

って思いませんでしたか?

僕から言わせればあまりオススメしません。

その理由をざっくり説明します。

天然塩ってそもそも何?

天然塩とは要は加工してない塩って意味です。

天然の塩の方がミネラルが豊富であり、身体にとってプラスになる効能が多いんです。

普通に食卓で使う塩も天然塩の方が身体に良いんです(笑)

ちょっと値段が高めの塩ってまろやかな味がしませんか?

コレは”にがり”を使って成分を調整してる為だと言われております。

いつも使ってる塩は何になるの?

一般的に多く出回ってる塩は”加工塩”になります。

この塩は加工の段階で塩化ナトリウムだけを抽出してる為、ただの塩味がする物資になってます。

天然と比べると味はほぼ同じだけど、成分は違いまっせーという感じですね。

なのでアロマを使ったバスソルトを作りたいなら、こだわって天然塩の方が良いって訳です。

まぁ詳しい含有量は僕にも分からないんですけどね~(笑)

無ければそのままアロマを垂らしましょう(笑)

天然塩が余ればそのまま調味料として使えますし、買っといて損はないと思います。

アロマバスソルトの作り方

1.天然塩に好きなアロマを垂らす

容器に塩を入れてアロマを垂らしましょう。

この時に複数をブレンドするのも面白いかもしれません。

滴数や種類はお好みで良いと思います。

しかし。

シナモンやブラックペッパーなどの刺激が強いものはアロマバスには向いてないのでご注意を…

徐々に慣らすという意味でも最初は癖のないモノを選ぶと良いでしょう。

2.塩とアロマを混ぜる

全体に行き渡るようにしっかり混ぜましょう。

上の方だけアロマが濃いとムラが出来てしまい、ちゃんとしたバスソルトが作れません。

混ぜる時は竹串や割り箸などの使い捨ての道具があると便利です。

精油って中々匂いが落ちないので、マドラーなどで混ぜると後処理が大変です(笑)

捨てれるモノを使えば後処理が楽だし、ゴミ箱がアロマの香りで良い感じになります。

まさに一石二鳥!(笑)

リポビタンの容器ならそのまま振ってもOKです。

3.おわり

終わりです(笑)

「えっ!コレだけ!」

本当にコレだけです(笑)

香りや成分の劣化を考えると、密封して冷暗所に保存しておくのがベストかなと思います。

ラベルシールで名前を付けたりすると愛着も湧いて、尚更良いと思います。

まとめ!

天然塩と混ぜるだけ(笑)

  • アロマショップで精油
  • スーパーで天然塩

この2つを買ってくればすぐに作れます。

ちょーーー手軽にブルジョワ気分を味わえるのでかなりお勧めします。

アロマ男子の第一歩としては丁度いいと思いませんか?(笑)

わざわざ浴槽に湯を張らなくても、容器に湯を張ってそこに溶かせば足湯などにもなります。

かなり簡単なのでやってみてはいかがでしょうか?

何を入れるか悩んでるアナタはこちらをご覧ください。

アロマ初心者男子にオススメの3つのアロマ

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。