ベガの使い方は回復だけではありません!リッチ族使いが教える運用法

無課金でも序盤から手に入る頼れるヒーラーのベガ。褐色色のナイスボディと包み込まれる様な優しいフェイスが荒んだ心を癒してくれます(笑)これぞまさにヒーラーです。

まぁ冗談はさておき。アートオブコンクエストの回復には一部制限が掛かっており、ヒールしても無意味になる可能性もあります。「えっ!それじゃダメじゃん(笑)」そうです、ダメなんです。回復出来ないヒーラーなんて、ルーのないカレーみたいなもの。破綻しております(笑)

ヒールはメカユニットと亡霊ユニットには効果がない

リッチ族を使ってる僕にとっては致命的です(笑)全てが亡霊ユニットとは言いませんが、主軸になってる部隊が回復出来ないのはキツイ。まぁアンデッドが聖なる力で回復するなんて言うのもおかしな話なんですけどね(笑)


そうなった時にベガをどの様に使えば良いのか疑問が残ります。回復がほぼ無意味だと仮定すると、ベガの良さは無くなってしまうのか?答えはNoです。回復以外にも優れた能力があるので、今一度振り返ってみましょう。

ヒール以外にベガが出来ることは?

回復がメインになることは確かですが、それだけではありません。
物理に特化してぶん殴る賢者も居るくらいですし、どんなヒーラーが出てきてもおかしくはありません(笑)
残念ながら攻撃に関するスキルはありませんが、面白いスキルがあるんで少しご紹介しますね。

マナバリアによる遠距離バリア

ベガは遠距離攻撃を遮断する”マナバリア”と言うスキルを持ってます。前衛部隊に使ってあげれば、魔法や弓矢の攻撃を防げるので生存力が大きく変わります。攻城戦やデュエルなどでは大量の遠距離ユニットが居るので、必須クラスに役立ちます。種族問わず展開出来るのでベガ様々ですね(笑)

回復が出来ない以上、被弾しないことが重要になります。自軍の防御性能を大きく上げるので、使い方によっては生存率が大きく変わります。試しに使うと強さが身にしみて分かると思うので、まだ使ったことがない人は是非活用してみてください。強いですよ〜(笑)

セービングによる死傷者の減少

戦闘に直接影響を及ぼす訳ではないので地味なんですが、振っておくと役に立つスキルです。ゴールデンユニットはコストが非常に高いので、死亡してしまうと手痛い損失。だからと言って何回もリトライするのも面倒ですし、何より攻城戦などでは再チャレンジは出来ません。

セービングに振ることで被害を最小限に留め、戦闘後のダメージを軽減するメリットが存在します。実際に戦闘力が高い上位勢はセービングと太陽神の加護に全振りしてます(笑)強力な部隊を相手にするときは必ずやられてしまうユニットが出てくるので、出来る事なら振っておきたい所。

亡霊ユニットとメカユニットは負傷の概念がなく死亡してしまうので、恩恵は全くありません。リッチ族のサソリ部隊やドワーフ族の銃撃部隊には有効なので、取っといても損はないと思います。僕はリッチ族メインですが、サソリ部隊やクモ部隊を使うので重宝してます。なるべく死傷者は出さないのが理想ですよね(笑)

回復は出来ずとも生存率の向上が魅力

結論から言うと”役に立たないことはない”です。
マナバリアを使った防御壁はかなり優秀ですし、セービングを使ったケアも強み。リッチでもドワーフでも使える部分はたくさんあるので、育てて損はないと改めて感じます。
可能性は無限大だと思うので、色々と組み合わせを考えるのも面白いと思います。

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。