なんでブログにこだわるの?真剣に考えた結果出てきた一つの答え

「なんでここまでブログにこだわるんだろう…」

自分でも不思議に思う時があるんです。

なんだかんだ一年近く書き続け、マイナーゲームもそれなりに紹介してきたつもりです。

画像を取るために押し入れからゲームを引っ張り出して起動して、良い感じのスクショを取るためまでプレイする。

文章が出来上がってからもやることはたんまり(笑)

なかなか手間がかかる作業なんですよ(笑)

文章を書くだけなら割とカンタンなんですが、ブログってやること多くて…

  • 記事のネタ集め
  • 関連する画像集め
  • 本文のライティング
  • 色付けや装飾等のカスタマイズ

ここにプラスして。

  • キーワードの検索ボリュームチェック
  • 検索上位表示のためのキーワード選定
  • 死んでる記事や人気記事のリライト作業

まぁーーーー大変です。

僕はそこまでやってませんけどね~(笑)

ゲーム情報中心なのに書くことにこだわるのは何故か?

だって。

ゲーム紹介するなら”動画”でも良いんですよ。

時代はユーチューブ全盛期。

  • レビュー動画
  • 実況動画
  • ネタ動画

確実に動画の方がウケが良いと思うんです(笑)

わざわざブログを読まなくても、ゲームの情報がグラフィックで伝わった方が理解しやすいですよね。

こちらが細かく情報を伝えなくても、見てれば分かっちゃうし。

ゲームブログって時代と思いっきり逆走してる感じがするんです(笑)

情報や感情をわざわざ文字に起こしてまで書く理由があるのか?

動画の方がラクって思ってるではありません。

しかし。

ゲームと言う媒体に対しては動画の方が利点が大きいとは思ってます。

今更YouTuberになる気もありませんが、なんでブログを選んだのかなぁと最近思うんです。

僕がブログで頑張る理由

色々考えてみました。

単純に書くことが好きっていうのもあるんですが、それだけではない気がしたんです。

なんかこう。

もっと強い動機があると思うんですよ。

ずっーと考えた結果、一つの結論に至りました。

言葉にはチカラがある

動画として見てるだけでは決して伝わらないゲームの核となる部分。

プレイした人しか感じられない熱い情熱や想い。

言葉には魂が宿り、言葉は重く鋭いモノへと変化していきます。

「あっ。俺は言葉が好きなんだ」

胸につっかえてた疑問が、スゥーと取れていくのを感じた瞬間でしたね。

人が何を想い、何を感じて言葉を紡いだのか

言葉にはその人の物語が詰まってます。

想いのこもった言葉には心を動かす力があるんです。

言葉を見ただけで心が震える

僕はそんな言葉にいっぱい出会いました。

見た瞬間、胸が熱くなって涙をこぼす。

感動して嬉しくなったり切なくなったり。

決して動画では伝わらない深い部分。

「俺もこんな言葉を生み出したい」

そう思ったんです。

だからブログじゃなきゃダメなんだなって。

やるからには全力でぶつかって熱くなりたいんです。

言葉だからこそ表現できることもある

なかなか伝わらないもどかしさや表現も多々あります。

全てを言葉だけで伝えようとするのは難しいかもしれない。

だからこそ画像や動画は重要です。

最近の記事ではなるべく画像や動画を用いて、見やすくて伝わりやすいブログを心がけてます。

苦労の甲斐あって、心なしか良くなったような気がする…

なってますよね?(笑)

 

でも一番伝えたい事って言葉でしか伝わらないと思うんです。

感情の入ったメッセージは必ず相手に響く。

僕の好きな言葉にこんな名言があります。

「論理は感情の奴隷でしかない」

ぶっちゃけ情報だけを載せるのは、だれでも出来るんです(笑)

言葉ならそこにプラスして”感情”の要素を追加できる。

  • 胸がトキメクような”喜び”
  • 目も覚めるような”興奮”
  • 頭が沸騰するような”怒り”
  • 深い慈しみを持った”悲しみ”

書いた本人だからこそ感じた心の声がアウトプットされていく。

その声はだれ一人としてマネすることは出来ないし、めちゃくちゃスゴイ熱量を持ってます。

ブログという存在を通して、書き手の物語が流れ込んでくる。

見てるだけでワクワクするような、あの感覚。

僕はそういう部分が好きなんです。

レビューに感情論は不要か?

賛否が分かれるこの部分。

確かに書き手の感情を前に出しすぎると、ゲームを正しく伝えることは困難です。

エゴにまみれたレビューなんて嫌ですよね(笑)

僕の結論だと過剰な感情は不要

「オラァァァァ!これがこのゲームの全てじゃァァァァ!」

なんて自信満々にゴリ押しする記事はNGですよね(笑)

適度な情熱を持ちつつ、客観的な目で見直すからこそ役に立つ情報になるわけです。

「レビューとしてはこう書いたけど、個人的にはこう思いました~」

みたいな書き方が出来れば押しつけがましくなく、見やすい記事になるんじゃないかな~と思います。

 

「えっ。さっきまで感情があーだこーだ言ってたのに要らないの?」

とか思いませんでしたか?

前述しましたが言葉には力が宿ってます。

やみくもに感情を曝け出せばいいって訳ではありません。

たった一言に全てを乗せる

ライティングの世界には”先鋭化”というテクニックがあります。

文字数を減らすことで言葉を鋭くする技術です。

「詳細を詳しく書いた方が具体的にイメージできるから長い方が良いんじゃない?」

とか思ってた時期もありました。

  • ゲームブロガーはホントに細かい部分まで文字に起こして、多くの情報や感動を読み手に与えてくれる。労力のわりに報われないことも多いので愛を持ったゲーマーが多い
  • ゲームブロガーには愛がある

二つの文はほぼ同じ意味合いを持ってますが、後者の方が力強いと思いませんか?

短くするとエネルギーが凝縮される

僕の理想は3分以内に記事が見終わるボリュームにまとめることです。

伝えたいメッセージを明確にして、なるべく削る!(笑)

削って削って削りまくる。

短くすればするほど言葉は重くなります。

ちょっと信じられないですよね(笑)

ゲームから学ぶ”一言”の重み

たった一言だけで良い。

それだけで人間は涙をこぼすこともあるんです。

僕はたくさんゲームの名言を見てきました。

ホントに深くて強いメッセージ性を感じるんです。

サラッと出てきた一瞬のフレーズ。

ほんの数秒しか目に入らないのに、ずっーと心の中の教訓として支え続けてくれる。

普通に凄くないですか?(笑)

ホントに想いのこもった言葉は、ワンフレーズなのに人の心をガツンっと響かすんです。

僕はあの時に感じる衝撃がたまらなく好きで(笑)

 

「言葉には数秒で人の心を動かすほどの熱量が隠れてる」

感動という言葉は”感じて動く”と書きます。

人は何かを感じると動くんです。

自分の言葉で誰かを感動させたい

  • 誰かの役に立ちたい
  • 誰かに勇気を与えたい
  • 誰かをそっと慰めてあげたい
  • 誰かを力強く支えてあげたい

だからこそ僕はブログを書き続けてるのかも知れません。

言葉にはそんな力が宿ってるから。

ブログで悩んでるアナタへ

自分はなんでブログを書いてるのか、今一度考えてみてください。

いざ考えてみると、すぐには思い浮かばない方もいらっしゃると思うんです。

もしかしたら別の方向性の方が向いてるかもしれません。

アナタを突き動かす原点

ここに戻ってみてください。

きっと何か発見があるかもしれない。

「色々考えた結果、やっぱりブログじゃなきゃダメだと思う」

そう感じられたならこれからも運営を頑張ってください。

”こだわり”や”やりがい”があった方が魅力的なブログになると思います。

僕の原点は「言葉が好き」という部分でした。

アナタがブログを続ける理由はなんですか?

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。