ゲーム好きの子供の為に親が出来るたった1つの行動

スマホの普及や携帯できる小型ゲーム機のお陰で、今ではどこでも手軽にゲームができる時代になりました。

スキマ時間の暇つぶしや、ストレス解消の道具として多くの人の生活に溶け込んでると思います。

それは大人だけに限らず、子供にも同じこと。

 

「最近の子供は外で遊ばない」

なんて言葉を僕の周りでよく聞きます。

そりゃそうでしょう(笑)

 

ゲームの方が楽しいと子供が感じれば、わざわざ外に出て遊ぶことなんてないですもん。

それは私たち大人だって同じこと。

自分が好きなことをしたいと思うのが自然の道理。

 

なのに子供だけ外で遊べなんて事を言う方がズルいです(笑)

 

僕はゲームが大好きです。

だからこそ、子供が出来たらゲームの良さも悪さも伝えます。

じゃないと子供が何も考えずにゲームと向き合ってしまうので。

 

子供とゲームの関係性で悩むお母様やお父様。

「アナタは深くゲームについて考えた事がありますか?」

  • 時間の無駄
  • 視力低下
  • 学力の低下
  • 暴力的になる

 

ホントにそうかもしれないけど、そうじゃないかもしれない。

もう一度聴きます。

ゲームの何が子供に悪影響を与えるかをちゃんと考えた事がありますか?

 

ゲームが悪影響を与えるならやらせなきゃいい

 

多くの親が口を揃えてゲームの事で嘆きます。

「あんなにゲームばかりして心配…」

だったらやらせなきゃいいじゃん。

 

僕は本気で思います。

「そんな事言ったら子供が可愛そう…」

なんて思うかもしれません。

 

でもハッキリ言ってそれはエゴです。

 

ゲームを理解しようとする努力もしないで、子供に与える悪影響を考えるなんてちゃんちゃら可笑しい。

それで悩むなんて当然のこと。

自業自得です。

 

僕は子育ての大変さも分からないし、ゲームに関しての悩みを抱えた事もありません。

そんな僕でもわかる事があります。

 

自分の知らない事を他の人に伝えることは出来ないってことです。

私たちが子供に出来る最善の行動は、ゲームを与えるとか与えないとかではないと思うんです。

 

ただ1つ出来ることは”ゲームをちゃんと理解してしっかり伝える”事だけです。

 

子供なら友達と同じゲームを欲しいと思うでしょう。

テレビやYouTubeで面白そうなゲームを見つけたら、誕生日やクリスマスに一生懸命お願いするでしょう。

何日も何日も願いつづける健気な想いを、ゲームは悪影響だからなんて言葉で片付けないで下さい。

 

各々の家庭の方針がきっとあると思います。

そこについて口を出す気はありません。

ただボンヤリとしたゲームの認識だけで決めるのは絶対にやめた方がいいです。

 

子供にゲームを与えていいのか悩む…

 

そう真剣にアナタが考えていらっしゃるなら、まずはゲームを理解するところから始めて欲しいんです。

偉そうな事は言えませんがゲームをちゃんと知ることで、ゲームを活用して子供の成長に繋げられると思います。

 

ゲームの何を理解すればいい?

 

多くのネットサイトではこの部分がスッポリ抜けてます(笑)

理解しろってぶん投げるだけなら誰でも出来ちゃいますからね。

 

ここからが重要な部分です。

まず考えて欲しいのは”ゲームのどんな要素が私たちに影響を及ぼすのか”と言う部分です。

 

多くの人がゲームの与える影響と言う”結果”ばかりに目をつけます。

それは半分正解ですが半分間違いです。

一番大切な”原因”という部分が、ちゃんと理解できてないことには何も始まりません。

  • 時間の無駄→他にする事がないからやってるだけであり、明確にやりたい事があるならそれをやるはず
  • 視力低下→暗い部屋や画面から近すぎて目が疲れるからであって、明るさや距離や時間を守れば解消
  • 学力の低下→学校の勉強をやってないだけであり、ゲームの中には脳を鍛えたりパズルだったりと勉強になるものも多い
  • 暴力的になる→たしかに暴力表現の多いゲームはあるが、それが原因とは限らないしそもそも年齢制限を守れば遊べないはず

 

どんな結果でも深追いすれば原因が分かります。

ゲームの悪影響の根本をこちらがしっかり考えることにより、余裕で対処できます。

そう考えるとそんなにゲームって怖くないと思いませんか?

 

僕はゲームの与える好影響の方が大きいと思ってます。

  • 脳の柔軟性アップ→パズルゲームや推理ゲームなど、日常生活では使えないくらい脳を刺激して活性化させれる
  • 語彙力や表現力アップ→ゲームと言えど多くの言葉や表現が存在していて、子供が多くの感性を磨くのにうってつけだと思う。
  • コミニュケーションツールとして活用→口下手な子供でも、ゲームを一緒に遊ぶだけ事で気軽に家族や友人と交流を深める事が出来る

ちゃんとゲームを理解すれば良いようにも悪いようにも使えます。

ゲーム大好き人間から言わせれば、ゲームをもっと上手く活用して欲しいんです。

 

ゲームというモノが楽しくて自分の為になるのが僕の理想。

それをワンコインで出来る様になって欲しい想いを形にしたのがこのブログです(笑)

 

ゲームはバランスが大事

 

説明した通りゲームにもメリットとデメリットが存在してます。

それでもデメリットばかり強調されているのは、ゲームと他の事のバランスが崩れてるからです。

ゲームばかりだとデメリットが際立ってしまい、悪影響を及ぼします。

 

あんまりイメージが湧かないかも知れませんが、ゲームと現実は深く繋がってます。

ゲームばかりすれば身体にもダメージが起きるし、勉強ばっかりしてても精神にダメージが起きます。

2つのバランスをとる事で互いが互いを高め合って相乗効果が生まれると思ってます。

どちらもほどほどに楽しむのが1番効果的だと僕は感じてます。

 

ゲームが1番楽しめるのは勉強とか運動をした後だと思うんです。

逆にゲームをした後なら苦手なことも頑張れるんじゃないかなって。

空腹は最高のスパイスって言葉があるように、どちらかに偏る事なくバランスよく楽しむのがベストだと思います。

 

どちらかだけを頑張ってもストレスが溜まるばかり。

両方を上手く使い分けることで、生活にリズムと活力が生まれることでしょう。

だからどっちも大切なんですよきっと。

 

親が子供より夢中になれ!

 

多くの親がゲームを取り上げたりゲームを悪く言ったりして、ゲームから子供を遠ざけようとします。

ナンセンスです。

そんなことしたら余計に遊ぶに決まってますよ(笑)

 

“カリギュラ”効果って知ってますか?

カンタンに言うと”やってはいけないと思うとやりたくなる心理”です。

ダイエットしろと言われたらお菓子を食べたくなったり、テレビばかり見るなと言われたら韓流ドラマ見たくなったり。

抑止されると自分の意思以上に反発したくなるんです(笑)

 

コレはゲームも同じ。

やるなと言われると余計やりたくなるんです(笑)

なので逆の行動を起こしてみましょう。

 

ゲームを好きになること。

 

一緒にゲームを遊べば子供も多少は心を開いてくれると思うし、こちらもゲームを学べます。

一度心を開いてくれれば心理的に仲間意識が芽生えるので、言うことも聴きやすくなると思います。

これは子育てしたことのない僕の意見なので説得力がないですが…(笑)

 

ゲームを好きになって一緒に遊んであげれば見えなかった部分が見えてくるはず。

  • 何故ゲームばかりしてるのか?
  • どうしてこのゲームが好きなのか?
  • ホントに楽しくてゲームをしてるのか?

その疑問に真剣に取り組めばアナタのゲームの悩みも消えると思います。

そしてゲームが与える好影響も見えてくるはず。

ゲームを知る事は子供を知ることにつながると僕は考えてます。

 

子供にリミッターなんてありません。

こちらがコントロールしてあげないと子供は永遠と遊び続けることでしょう。

良し悪しを伝えて楽しく納得させながら遊んで欲しいんです。

 

ゲームの悪影響とかを語るのも大切かも知れませんが、まずはこちらがしっかり導いてあげないと。

放っておいても好影響なんてモンはないですよきっと。

 

ゲームの及ぼす害の大半がこちらに責任があります。

なのに全てをゲームのせいにして、否定するなんてムシが良すぎます。

 

ゲーム影響の良し悪しなんて私たちがカンタンに操ることができます。

だから無暗に取り上げないで下さい(笑)

 

ゲーム好きの子供だった僕が伝えたいこと

 

僕はゲームに対して理解のある両親を持ったので、上手い具合にゲームと向き合えていたと思います。

分からないけど(笑)

なので親にはとても感謝しています。

 

頑なに好きだったゲームを否定されていたら今の僕は居ません。

もっと優秀だったかも知れないし、ポンコツだったかも知れません。

そんなの誰にも分かりません。

 

けどゲームのおかげで面白い人生を歩めてると思ってます。

それも親のおかげです。

 

本文を通じて”親の理解”をテーマに書いてきましたが、もう一つだけ伝えたい事があるんです。

それは”ゲーム以外に楽しいと思えることを一緒に探してあげる事”です。

 

僕が言うのもなんですが、ゲームは楽しいけど狭い範囲なんです。

世の中には楽しい事が死ぬほどたくさんあってゲームはその一つ。

親としてゲーム以外にもたくさん子供に面白い世界を見せて欲しい。

 

だからと言ってゲームがつまらないなんて教え方はしないで欲しい。

子供の遊ぶ得体の知れないゲームと言う道具をちゃんと理解する。

理解して受け入れた上で、世の中は広くて面白い事で溢れてるって希望に満ちた話をしてほしい。

 

僕が親になったら絶対そうします。

世の中でホントに役に立たないものは実は少ない。

どんなものにも意味があって一長一短である。

 

ゲームという題材で書いてますが、これは他のことにも充分当てはまります。

ゲーム好きとして良い形でゲームが広まってくれることを祈りつつ、これからも頑張ります。

 

これまでのブログを振り返り反省したいこと

 

今回の記事を書くにあたり、ゲームに対して知識や経験が全くない人を想像しながら書きました。

そして僕はものすごく自分の未熟さにもどかしさを感じたんです。

自分はあまりにもゲーム初心者を知らなすぎると。

 

当たり前ですが僕が持つ常識とアナタが持つ常識は違います。

それでも互いが互いを理解出来てれば、別に問題はないわけです。

何が問題かというとゲーム慣れしてる僕と慣れてない人の差がめちゃくちゃ激しかったんです(笑)

 

例えばスーパーマリオで例を出しましょう。

僕がプレイすれば一面なんてチュートリアルのようにクリア出来るでしょう。

しかしゲームに慣れてない人や苦手な人にとっては一面だって難しいんです。

 

ホントに大切にしなきゃいけない事はこの差だと改めて思ったんです。

僕の基準で考えてしまえば、僕の伝えたい人に伝えたい事が届かない。

 

しかしゲームに慣れてしまった僕には気づかない事も多いんです…

まだまだ僕は未熟です。

コレを見てくれてる人の役にたつ情報を発信出来てるか不安です。

 

僕はゲームが好きなただの一般市民です。

ブログを細々と書いてるだけで、何も特別な人ではありません。

だからこそ僕に色々教えて下さい。

 

コメントやメッセージ、ツイッターでも気軽に声をかけて欲しいんです。

ゲームに関する悩みや疑問等なんでも良いので教えて下さい!

ちょっとした事でも良いのでアナタの力になりたいんです。

 

ゲームってモノの良さがちゃんとした形で伝わって、悪い所もちゃんと理解してほしい。

それを踏まえた上で楽しく遊んでほしいんです。

 

今後とも頑張りますのでご協力お願いします!

アナタのゲームライフに少しでも貢献出来れば幸いです。

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。