『ゲームを武器にする』①物事の本質を見抜く力を身に着ける

「ゲームなんて何の役にも立たない」

この何気ない言葉で多くのゲーム好きのココロを傷つけられ、自尊心は失われていきます。

無駄な事をやっていると罪悪感を感じつつも、ゲームの世界に飛び込んでいきます。

 

「なんでこんな趣味を持ってしまったんだろう」

 

圧倒的に時間を費やし、カンストされたプレイ時間をぼんやり眺めながら、僕は痛く感傷に浸ります。

楽しくて夢中になれるはずなの、どこか後ろめたさを感じてしまう。

こんなに悲しいことないですよね。

 

自分の好きな事なのに、世間の声がノイズになって楽しめないなんて、絶対に人生損ですよ。

冷静に考えて勿体ないですよね?(笑)

周りの言葉のせいで自分を殺すなんて、おかしいと僕は思ってます。

 

僕の野望は「ゲームを武器にする」ことです。

かなり頭のおかしい、ぶっとんだ事を言ってるのは分かります(笑)

 

それでも僕は本気です。

本気で出来ると自分を信じてます。

薄々感じている通り”ヤバい人間”です(笑)

 

ただ一つだけ思うんです。

 

「胸を張ってゲームが好きだと誇れたら夢みたい」

 

誰に何を言われても、揺るがないほど好きなものがあったら人生楽しいと思いませんか?(笑)

別にゲームに限った事ではありません。

 

単純に僕がゲームを好きだったから、ゲームなだけです。

 

ゲームは人に悪影響を与えるだけのモノではありません。

時間の無駄なんて事は絶対にありません。

 

今回はゲームを遊ぶことで身に付く”論理的発想”についてお伝えできたらと思います。

ゲームを遊ぶことで何かしらの意味が見いだせる。

 

「もしかしてゲームって役に立つんじゃね?」

 

捉え方を変えて、有意義に遊べば誰よりも楽しく自分の糧にできます。

 

アナタは”ゲーミフィケーション”という言葉をご存知でしょうか?

平たく言うと”ゲームを生活に役立てる”考え方です。

 

もうホントに知った時の衝撃が強すぎて、体がビクッとしましたもん(笑)

「自分だけじゃなかったんだ」

こう思えることに、どれだけ勇気づけられたか分かりません。

詳しく知りたい方は『ゲーミフィケーション 井上明人』をご覧ください。

 

前置きが長くなりましたが、ここからはゲームを遊ぶメリットの一つである”論理的思考”の学びについてお話したいと思います。

 

そもそも”論理的思考”とはなんぞや?

難しそうな言葉を使ってますが、一言でいうならば”説明する力”だと僕は考えます。

 

  1. 「アクションゲームは楽しい!」
  2. 「サクサクと簡単に遊べて、テンションが上がるような派手な技で敵をドカンと倒せるから楽しい!

 

どちらの説明が分かりやすいかと聞かれれば2だと思います。

  1. 「ICOは泣けるゲームだ」
  2. 「ICOって物凄く切ない気持ちにさせてくれて、絶対に失ってはいけないモノの存在強く感じることが出来て感動するし、泣けるよ」

どちらの説明が遊びたいと感じさせてくれるかと聞かれれば2だと思います。

 

アナタ自身に置き換えて想像してみて下さい。

  • 上手く言葉に表せず、モヤモヤしたりすることがありませんか?
  • 伝えたい想いや考えが相手に届かず、揉めたりすることがありませんか?
  • 自分を押し殺して、表現する事を諦めてないですか?

論理的思考は仕事のみならずプライベートでも幅広く必要になる能力です。

本格的なトレーニングコースになると数十万は軽く消し飛ぶほど、ビジネスの世界では重宝されてます。

 

そんな多額の金があるなら、ゲームくらい幾らでも買えちゃいますね(笑)

実は金銭面以外にも、ゲームの強みがあるんです。

 

多額でもお金を払えば確実に学べるものを、わざわざゲームで学ぶ必要性があるのか?

むしろ”ゲームだからこそ”実現できた最強の強みあったんです。

 

”遊び”をマネジメントする

ゲームの強みは”娯楽性”です。

 

カンタンに言えば”楽しく学べる”と言う点において、群を抜いていることでしょう。

遊びながら勉強出来たら最高だと思いませんか?

 

学生時間に”勉強とゲーム”をどちらをとるか悩み、結局は両方やってズタボロだった僕が言うんだから間違いありません!(笑)

日頃から頑張ってる人ほど自分を追い込み、自分を成長させようと努力します。

その姿勢はずっと続けて欲しいし、見ていてこちらも元気が貰えます。

 

ただ一つ、僕が気になってる部分があります。

それは”勉強に対する努力は出来ても、遊びに対する努力はされずに軽視されてる”部分です。

頑張って何かを勉強するのは偉いのに、ゲームで遊ぶようなことは悪いと考えられがちですよね?

 

逆でしょ(笑)

 

遊びがあるからこそ、人は楽しく人生を歩めるはず。

 

幸せになるために頑張ってるはずなのに、楽しい事を悪とするのは違う気がする。

人生を如何にして”遊び”の部分にポイントを置くかで、充実度が全く違うと思います。

 

自分で自分をマネジメントする事が、重要だと思いませんか?

ゲームが善で勉強が悪と言ってるわけでもないし、善悪で判断する気も無いです。

ただ遊びが悪になって欲しくないだけです。

 

ベストは”白黒付けないグレー”だと思ってます。

オフホワイト的な(笑)

分かりやすく言うと”遊ぶように勉強して、勉強するように遊ぶ”ことがアナタにとって一番楽しいと思うんです。

そこで出てくるのが”ゲーム”なのではと考えました。

 

ゲームを本気で寝ないで遊んだことがある人なら分かると思いますが、本気で向き合えば自分でもびっくりするくらい学びになります。

具体例を交えつつ、紹介したいと思います。

 

「ゲームを武器に」”なぜ”を繰り返して本質を探る

 

有名会社のトヨタでは「なぜなぜ分析」と呼ばれる考え方があります。

なぜなぜとは”なぜを繰り返し原因を追究する”技法のことです。

子供が「何でそうなるの?なんでー?」と聞きまくるアレを想像してください(笑)

 

一つの事を深堀りすると、様々な背景や原因が見えてきます。

これをゲームに当てはめて考えてみましょう。

 

例えばアナタがドラクエを遊んでるとしましょう。

そこにメチャクチャ強いボスが立ちはだかり、行く手を阻みます。

初めて戦った時は文字通りの”瞬殺”でした。

そこでアナタは”諦めず”に策を練るでしょう

  • レベルを上げて強くなってから戦う
  • お金を集めて武器を手に入れてから戦う
  • ボスの弱点を突くような戦術に切り替えて戦う
  • 仲間を集めて戦力を整えてから戦う
  • 自分の戦い方を見直して改めて戦う
  • アイテムを買い漁りドーピングしつつ戦う
  • あえてボスには挑まずに後回しにする

どうすれば現状を変えれるか、ちょっと考えただけでもたくさん出てきます。

アナタは日常生活で、ここまで”なぜ”を繰り返して原因を探る事をしてますか?

「まぁいいか」で片づけてませんか?

 

ゲームじゃなくても全然いいんですが、”何かをとことん追求する”ことを学ぶにはゲームがピッタリです。

ゲームを遊ぶことで”なぜなぜ”の基本的な考えが自然と身に付き、自分にプラスになるんです。

 

ただしそれは”考えながら遊ぶ”ことをした時だけです。

普通に何も考えず遊んでるだけなら、娯楽の領域を抜け出せません。

それは流石に僕でも無理です(笑)

 

作業ゲーと呼ばれるゲームは”考える”事が疎かになりがちなので注意です。

”何のために”を見失うとモチベーションは一気に低下します。

コレは人間が持つ”内発的モチベーション”が欠如した結果です。

 

ここでゲームの強みである”楽しい”が役に立つんです。

 

カンタンな話、自分が楽しいと思う事ならがんばろうと思えるじゃないですか?(笑)

だいたいのゲームは遊んでるだけで”なぜなぜ”を繰り返し、ゲームを進める為に試行錯誤します。

 

それは現実世界でいう所の”努力”に値します。

嫌な事を頑張りつづけるのが努力と思われがちですが、正確に言えば違います。

 

wikiから引用するとこうなります。

努力(どりょく)とは、目標を実現するために、心や身体を使ってつとめること

嫌なことに対して目標の為に、頑張る事は”努力”です。

嫌な事に対してしょうがなく、向き合う事は”諦め”です

 

ゲームには人を自然と”努力”させてくれる要素を沢山含んでます。

  • ゲームをクリアするために自分から率先して、レベル上げに努める
  • 対戦で勝つために必死に練習して、力を付ける
  • ゲームを楽しく遊ぶために、色々と考えて楽しむ

一見すると無駄かもしれません。

事実の裏には人それぞれの様々な”理由”があって、そのために努力してるんです。

それを時間の無駄と言われても、気に病むことはないと思ってます。

 

世界の為に自分が貢献できるような事をするべし!

なんて大義名分で抽象的なものに囚われていたら、一瞬で時間なんてなくなりますよ(笑)

自分がこう思うから実行した、という過程を経験するにはゲームって凄く便利だと思いませんか?

 

問題はゲームで味わった経験をどのようにリアルに活かすかです。

ゲーム自体で経験し、学んだことは絶対に現実で役に立ちます。

 

僕自身がいま自分の想いをぶつけられてるのは、たくさん出会ってきたゲームのおかげです。

この事実は誰にも捻じ曲げることが出来ないはずです。

 

結局何が言いたいのか?

ゲーム自身は役に立つけど、多くのプレイヤーがゲームを生かしきれてない

っと僕は思ってます。

まぁ娯楽として楽しむなら、何の問題もない事ですけどね(笑)

 

あくまでゲームの捉え方の一つとして、受け取ってくれれば幸いです。

それとこの記事は”ゲームは絶対に良いもの”と思っていただく為の記事ではありません。

絶対にやれ!なんて気持ちは一ミリも無くて、やりたくない人は全然スルーして欲しいくらいです(笑)

 

ただ一つだけ。

 

ゲームは悪ではない

 

コレだけはホントに伝えたい。

キチガイ染みた言及ですけど、ホントに本気で伝えたい。

 

”楽しくて得るものもある”モノなんて、そうそう世の中には転がってないですからね(笑)

そんなに卑下する事はないよ~って事は届けたいメッセージです。

 

この記事をここまで読んでくれて、少しでもゲームを生活に活かす意識が芽生えてくれたら死ぬほど嬉しいです。

どうせ遊ぶんだったら「ゲームを武器に」して楽しく人生を過ごしましょう。

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。