ゲームが上手くなるために必要な練習時間はどれくらいが妥当なのか?

めちゃくちゃ上手いゲームプレイヤーはゲームの練習にどのくらいの時間を費やしてるのか?

気になりますよね?

 

寝る間も惜しんでゲームに全てを注ぎ込み、体がボロボロになるほど練習してるんでしょうか?

好きな時間に好きなだけ遊んでるだけで上手くなるものなんでしょうか?

 

ゲームで遊ばない人には想像も出来ないと思います。

そもそもゲームを練習するという発想すらないかもしれませんね(笑)

 

誰しも好きなゲームであれば誰よりも強くなりたいと望むはずです。

  • 友達よりも強く
  • ネットの見知らぬ人よりも強く
  • ライバルよりも強く

ゲームだろうと勝負の世界は同じ。

やるんだったらゲームだろうが勝ちたいと思うのが自然の道理でしょう。

 

「時間がなくてゲームの練習なんてしてる暇がない」

そうおっしゃりたい気持ちもわかります。

自分の趣味とは言え多くの時間は割けないことでしょう。

 

ゲームの練習時間はどのくらい取ればいいのか?

 

これって人によると思いますが、気になる数字ですよね(笑)

友人がひそかに練習してて、いつのまにかボコボコにされた経験がある僕にはとても興味があります(笑)

 

ゲームはどのくらい練習すれば上達するのか?

この疑問に持論を踏まえつつ、考えていこうと思います。

 

ゲームの上達には練習が絶対必要

 

大前提ですが念を押します。

ゲームに練習は必要です。

遊んでれば上手くなるほど甘いものではありません。

 

コレと言った練習もしないで、いつの間にか上手くなるなんてことは稀です。

それはゲームに”慣れた”だけであって上達ではありません。

上達と慣れは別問題

 

ホントに難しい技術は、慣れたからと言って出来るモノではありません。

意識して練習を積み重ねることで身に付くんです。

楽しく遊んで身に付くのは慣れだけです。

 

ゲームだからと言って練習を怠れば腕前は伸びません。

遊びとはいえしっかりと向き合うことで初めて技術は向上します。

 

どのくらいの練習時間が妥当か?

 

ここから本題に移ります。

どのくらいの練習時間があれば良いのか?

ここでは完全に僕の主観で説明させていただきたいと思います。

 

練習は1日1時間

 

1時間もあれば充分すぎると思います。

プロゲーマーでもない限り(笑)

 

勘違いしないでほしいのは”練習時間”が1時間であるだけで”プレイ時間”が1時間ではないということです。

ちゃんとした練習の時間を設けるならって話なので、残りの時間はお好きにどーぞって感じです。

 

ゲームで遊ぶ=練習 ではない

 

根本的に練習とゲームプレイでは意味合いが違います。

やればいいって訳ではありません。

 

練習

  • やることが明確になっている
  • 向上心を持って課題に取り組む
  • 反復練習などの繰り返して行うメニューなど
  • 練習はやる意味を考えながら行う
  • 基本的に面白くはない

 

はっきり言って練習はゲームと言えどつまらないです(笑)

楽しく遊ぶのではなく”出来ないことを出来るように”する為であり、飽きることもしばしば。

自分がやりたいことや直したいことが無ければ、意味がないんです。

 

たまに練習すると言ってるのに漠然とゲームで遊んでる人が居ます。

それは練習ではなくプレイです。

やればやるほど上手くなるとも思いますが、それは所詮ゲームに慣れるだけです。

 

プレイ

  • コレと言って目標があるわけではない
  • 気楽に楽しく遊ぶ
  • 自由に理由もなく遊ぶ
  • ストーリーやイベント回収
  • サブクエスト等の実績解除

 

普通にみんなが遊ぶのがプレイです。

楽しむために遊ぶ。

やらなきゃいけないことなんてなく、ゲーム本来の遊び方です。

 

だらだらとのんびり遊ぶことは練習にはなりません。

むしろ下手くそになると僕は思います(笑)

…それは流石に盛ったかな(笑)

 

練習とプレイがごっちゃになってる人が居ますが、正しくは別物です。

課題となるものを意識しながら遊ぶことを練習と言います。

僕はそれ以外を練習とは呼びません。

 

1時間でホントに足りるの?

 

狂気じみた腕前のプレイヤーのように上達するために、練習が1時間で足りるのかと思ったりしませんでしたか?

僕の結論から言うと足ります。

練習なんて1時間で充分です。

それ以上の練習は体に悪いと思います。

 

自分のやりたいことが明確になってれば時間はそんなにいりません。

練習時間の間はそれだけのことを考えてください。

短い時間でも1つのことに集中出来れば、もの凄く濃い時間を体感できることでしょう。

 

大切なことはバランス

がむしゃらに頑張るのではなく、必要な事だけを集中して取り組みましょう。

それ以外の時間は純粋にゲームを楽しんでください。

練習とプレイを交互に繰り返せば、ストレスを小さくして技術も向上できることでしょう。

 

しかも上達のスピードも速くなります。

実はゲームが上手くなるのって練習してない時間があるからなんです(笑)

それは何故か?

 

ゲームは何か一つを練習すればいいほどヌルイものではありません。

いくつものテクニックや技が組み合わさることで、初めて目に見える形なります。

つまり色々な要素が上手くならないと、上達したと感じにくいんです。

 

一つの技術に固執してるようでは地力はつきません。

いろいろなことをどん欲に吸収するからこそ上手くなれるんです。

その為にはいっぱいプレイをしなくてはなりません。

よって練習とプレイのバランスが大切なんです。

 

ちなみに操作技術などは寝てる間に脳が記憶を固定してくれるので、いっぱい寝なきゃ体に染みつきません。

寝ないで練習なんかしてたら体がどんどん忘れていくんです。

  • 練習
  • プレイ
  • 睡眠

全てをバランスよくこなすのが一番上達が早い方法です。

 

まとめ!

  1. 遊んで課題を見つける
  2. 課題だけを集中的に1時間練習する
  3. いっぱい寝て体に染みつかせる
  4. 1に戻る

 

これでゲームは上手くなります。

と言うかゲーム以外にも言えることですよね(笑)

 

無理して詰め込むのではなく、練習という枠組みを意識して行いましょう。

ゲームと言えど真剣に練習しなきゃ上手くはなりません。

いっぱいトレーニングして友達に一泡吹かせてやりましょう(笑)

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。