【オクトパストラベラー】正道と邪道のフィールドスキルを使い分けて効率良く遊ぶ!

今作を遊んでて疑問を感じてたんです。

「似たようなフィールドスキルがあるけど何が違うの?」

例えば!

  • オルベリクの騎士道
  • ハンイットのけしかける

どちらも村人相手にバトルを仕掛けることが出来ますよね。

何が違うんでしょう?

やれることが同じだったら分ける必要がなかったのになぁ〜

とか思ってたんです。

  • オーフィリアの導く
  • プリムロゼの誘惑

村人を助っ人としてバトルに参加させる事が出来るスキルです。

2人とも同じ効果です。

これも分ける必要があったのか甚だ疑問でした。

ゲームを進めていくうちにあることに気がつきました。

「オルベリクのスキルにはレベルの制限があるけど、ハンイットのスキルにはない」

それともう一つ。

「オルベリクのスキルを使っても関係性は悪化しないけど、ハンイットのスキルを失敗すると関係性が悪くなる」

関係性とは悪化する事でフィールドスキルが行えなくなるパラメーターの事を指します。

まぁお金を払えば使えるんですけどね(笑)

 

この2人の同じスキルには何かしらの違いがあるはず。

調べてみるとオクトパストラベラーは、”正道”と”邪道”という2つのタイプに分類される事が判明しました。

ここから先は両者の違いを説明したいと思います。

正道のメリット

失敗という概念がない

レベルという制限はありますが100パーセント成功するので安定します。

したがって市民との関係性が悪化することもないので、正々堂々とスキルを行使する事が出来ます。

確実ってところがポイント!

正道のデメリット

レベルやお金などの制限が発生する

そりゃそうですよね(笑)

安定性は抜群で何回でも使えますが、自由度は減ります。

スキルを使うキャラクターのレベルや所持してるお金がによって、選択の幅が狭くなるのが残念。

それでも使いやすいことは確かですね(笑)

邪道のメリット

制限がないので低レベルでも使用可能

確率は低くても低いレベル帯から使えるので、荒技的に攻略する事が出来ます(笑)

コレ面白いですよね。

一見すると大差がないようにも見えますが、上手く活用すれば縛りプレイや最短クリアまで役に立ってくれそうです(笑)

特にテリオンの盗むは確率が低いながらも、序盤から強力な防具を手に入れる事ができるのでオススメ。

邪道のデメリット

失敗による関係性の悪化

5回以上失敗すると、その街でフィールドスキルが使えなくなるペナルティが発生します。

しかし、お金をバーテンダーに払う事で帳消しにしてもらえます。

まさに賄賂(笑)

と言うかロードを繰り返してリセマラすれば問題ありません。

ちょっとめんどくさいのがたまにキズ。

まとめ

  • 正道=人々との関係性は崩れないが制限がある
  • 邪道=人々との関係差は悪くなるかもしれないが自由

個人的には序盤から邪道をガンガン使った方が、サクサク進むと思いました。

強力な武器や見方を手軽に入手できるのが、かなり魅力的。

特にテリオンのフィールドスキルで村人から盗みまくれば、お金をかけずに戦力アップが期待できます。

テリオンの盗みって3%でも成功するの?

そんなにデメリットもないのでガンガン使いましょう(笑)

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。