アイドルゲームが苦手でも遊べる!?新参者こうゆうが勧めるリズムゲー

「一回で良いからアイドルゲームで遊んでみたいなぁ」

とは言ったもののアイドルゲームって遊ぶのに抵抗ないですか?(笑)
僕自身もすごい抵抗が強くて、なんだか気が乗らない事が多かったんです。

サクッとどんな感じか遊んでみたいんですが、イマイチ気分が乗らない。
どうしても萌えキャラのイメージが沸きあがり、邪魔をしてきます。

決めつけは良くないですが、”アイドル=熱狂的ファン”の構図のイメージが強くてなんだか敷居も高い…
誰かに遊んでる所を見られれば「誰推し!?」とか「なんだかオタクっぽい」とか言われて、ますますモチベーションが下がります。

”ただ単に軽い気持ちで遊びたい!”

コレだけなんですけどねぇ~
なかなか世間様の認識は変わりません。

月に何十万も課金して、欲しいキャラを狙う猛者も多く、マニア向け感は否めません。
アイマスとかデレマスとか名前は聞くけど、よくわからないし遊ぼうにも今更感が拭えません。

そんなある日あまり聞き覚えのないアイドルゲームを発見したんです。
「モノは試し!」と遊んでみるとキャラも多くて面白い!

音ゲーとしてもさることながら、キャラの1人1人にしっかりとしたストーリーが存在してる所にもグッときました。
人気と不人気の差があるかも知れませんが、キャラの個性をしっかり出してあげるスタンスに好印象。

認知度的に考えても絶対的な地位を持ってるわけではないので、敷居が低いのもうれしいポイントですね。
ゲームが人気すぎても、なんだか重く感じますし(笑)

かるーい気持ちで遊んでみるにはピッタリだと思ったので、今回はこのゲームを紹介します!
しかも無料スマホアプリなので直ぐに遊べちゃいますよ~!!(笑)

アイドルゲー新参者にも優しいスマホリズムゲー

タイトル Tokyo 7th シスターズ
機種 スマホ
ジャンル リズムゲー
購入価格 タダ!

こうゆうさん(@kouyuu5)がシェアした投稿

良くありがちな”アイドルリズムゲーム”と思いきや少し変わった部分もあるなと印象を受けました。
一応概要はアイドルをプロデュースするプロデュサーになって女の子を育成していく形になります。肝となるリズムゲー要素は遊びやすく、操作も豊富で遊びごたえは◎。
曲の種類も意外と幅広く、アイドルゲー新参者の僕でも聴きやすかったです

  • アイドルを感じさせないハードなロック系
  • 電子音を奏でながら歌うシンセ系
  • いかにもアイドルソングを感じるポップ系

全部が全部アイドルっぽくない感じが好印象です。
じゃあアイドルゲーなんてやるなって発言はご愛敬おねがいします(笑)

個人的に面白いと感じた部分がアイドルをスカウトする”スカウトモード”の存在です。
すごろくのボードのような上を進めていくストーリーモードなんですが、これが面白い。

ボードを進むためには、ソシャゲお決まりの時間で回復するポイントを使うんですが、曲を遊ぶことにより時間とは別に回復するところがミソです。
曲で遊ぶところに必然性を持たせてるので、中だるみしにくいです。

  • 時間経過でのんびり進める
  • 曲をガンガン遊んで進める

好きなプレイスタイルでストーリーが遊べるので、時間に追われることも少ないでしょう。
無理に何曲も遊ばされたらイヤになっちゃいますもんね…

スカウトモードでは登場キャラ1人1人に焦点を当てて成長を描いてるので、思わず感情移入してしまう場面も…
一人目のキャラの”春日部ハル”というキャラは、中々深い闇を持ってて意外と引き込まれました。

正直一人目なのにここまでキャラ設定が作り込まれてたのは驚きです。
ソシャゲも捨てたもんじゃないです(笑)

最後に一言!
根本的にキャラが可愛い!!(笑)

アイドルゲー名は伊達じゃない!可愛いキャラのオンパレード(笑)

そりゃそうだよね(笑)
アイドルゲーの名にふさわしいキャラばかりで眼福です(笑)

初回の起動時に好きなキャラを貰えるので全キャラを見てちゃんと決めました!
悩みに悩んだ結果お気に入りのキャラを発見!

こいつだ!!
鳴海さわら!

なんとも毛ダルい感じの緩さがドストライク!
なんか好みをカミングアウトするのって恥ずかしいですね(笑)

かなりの数のキャラがいるので、きっとお気に入りのキャラが見つかります。
もちろん見た目から性格まで様々なアイドルがいますので選びたい放題ですぜ(笑)

このゲームでは大きく5つのグループがあり全てのキャラはどこかに属しています。

ちなみに僕が選んだ鳴海さわらはバラドルに所属しております。

やばい…
みんな可愛いぞ…

とかとか脱線したくなる魅力を感じております。
熱狂的なアイドルファンの気持ちが今なら分かるッ!!

ソシャゲの宿命ですが、選んだキャラやレアリティによって曲のスコアが変化してしまうのはマイナスポイントですね。
まぁこれは仕方ない…

正直聞いたことないゲームだったので不安でしたが、キャラの見た目も豊富さも満足です。
これで無料なら言うことなし!!

不安なのがゲームにハマって重課金(月にめっちゃ課金すること)してしまいそうになるところですかね。
少し課金して楽しむなら全然OKですが、何万も使う事になるとゲームの楽しみ方が見えなくなる可能性が非常に高いです(笑)

運よく可愛い女の子をゲットして心の中でガッツポーズするくらいがちょうどいいです(笑)
サンシャイン池崎的な感じで(笑)

まさかの高難易度がゲーマー魂に火をつける

最初は舐めてたんですが難易度が上がるごとに悪戦苦闘(笑)
HARDの曲からゲームオーバーになることも多く意外と侮れません。

操作はカンタンなんですが難易度が上がると指がつりそうになるほど忙しい。
ちなみに上部の動画はノーマルです(笑)

アイドルとか関係なく、ゲーム好きなら是非ともチャレンジしてほしい内容になってます。
過去にPSPでポップンミュージックを遊んでた時と同じくらい、楽しいし難しいです(笑)

もちろん難易度を下げれば誰でも気軽に遊べますのでご安心ください。

普段アイドルゲーを敬遠してるゲーム初心者や、やり込み上等のコアゲーマーにも是非遊んで欲しいです。
キャラゲーの皮をかぶってますが普通にリズムゲーとして面白いです(笑)

コンシューマー版と違って気軽にどこでも遊べるところもポイントですね。
しかも無料なので気になったら直ぐダウンロードも出来ますし。

今どきPSP持ち歩いて電車でポップンやる人なんて居ないですもんね(笑)
少し寂しい気もしますが利便性を考えるとスマホアプリもアリですね。

まさかの展開に思わず涙した24歳男性の体験談

えぇー個人的に1番やって欲しい理由が、ストーリモードに当たる”スカウトモード”なんです。
ハッキリ言いますが一番最初から泣きました(笑)

最初のプロローグはホントにほんわかしててギャグ感もありました。
いかにもアヤシイ支配人。

かなりハイテンションなマネさん。

はいはいそういう感じね(笑)
なんて舐め腐ってましたよ、私は。

しばらくして第1章に突入。
こんな感じで続くと辛いなぁなんて思いつつ”春日部ハル”が登場。

いやー最初っぽいマジメキャラが出てきましたよ~
なんてまだまだ舐め腐ってました。

早速スカウトしようとするとどうもおかしい。
さっきまでとは一転して雲行きが怪しくなります。

なんと”アイドルが嫌い”だと言い出すんです!!
一体何があったのか話を進めると…

実はハルはもともとアイドルだったんです。
人気アイドルになるためには茨の道も待ち受けていたらしく…

権力に脅されだんだんと自信を無くしていき…

失敗をしてしまい幼い弟にまで辛い想いをさせてしまいます。

アイドルと聞くと一見僕らには馴染みのない世界に思えるかも知れません。
華やかな世界で人々を笑顔にしてくれる夢のある仕事。

だが蓋を開けてみると権力に支配された悲しい現実。
そこは世間のサラリーマンや夢を追う人が見る世界となんら変わりません。

自分を押し殺し、自分に嘘をついてやりたくもない仕事をこなす。
それはどこか自分を見ているかのようでした。

敏腕マネージャーはハルがアイドルだったことを見抜いていました。
心のどこかで夢を追い求めてしまうハルにマネさんは告げます。

そして優しく語りかけます。

まるで画面を通して自分に言われてるみたいで胸に響きました。
それでも一歩を踏み出せないハルは思わず外に飛び出します。

散々練習した発声練習は今でも体が覚えていました。
ホントに健気ですよね。

そこにマネージャーが現れてある女の子の話を口にします。
ひたむきに努力を重ねスターの座まで上り詰めた女の子の話です。



ゲームとはいえ言葉の重みにただただ圧倒されました。
つづけてこう言い放ちました。

  • 自分から逃げない
  • 夢を追い続ける
  • 自分らしくあり続ける

口で言うのはカンタンですが行動に移すとなると難しい。
一瞬アイドルゲームだという事を忘れるほど感慨深いシーンです。

その後場面を変えて一言問いかけるんです。

なんか泣きそうでした。
強いメッセージ性に思わず目が離せなくなります。

マネさんの一言にハルは思わず逃げ出します。

ここである場面を目撃してまたまた場面は一転します。
が..

続きは遊んでみてからのお楽しみ~(笑)
せっかくタダで遊べるんだから自身の目で確かめてみて下さい!!

このゲームに合わない人

ソシャゲが嫌いな人

特有の課金制度や時間回復のポイントなどがあるのでどうしても嫌な人は出てくると思います。
ただポイントに関してはそこまで気にならなかった印象が強いです。

萌えキャラが苦手な人

やはりアイドルゲーなのでこの辺はご愛敬ですね(笑)
耐性が付けば抵抗なく、可愛いと思えますよ(経験談)

アニソンが苦手な方

これも避けては通れぬ道ですね。
多ジャンルの曲を扱ってますが比率的にはやはり多いです。

まとめ!

アイドルゲーを遊ばない人にこそ進めるアイドルゲー!

曲の難易度の高さから意外と音ゲーマーにもオススメ出来ちゃうゲームでした。
キャラが可愛い事もさることながら、曲のジャンルが広い事も好印象。

個人的に電子系の曲があったことが嬉しかったですね。
聞いてればアイドルキャラソングも好きになれるのかも知れませんね(笑)

ゲーマーとしての幅も広がった気がします(笑)
ですが一番のオススメポイントはストーリーですかね。

記事の都合上一人しか紹介できませんでしたが、非常に深い話ばかりで勉強になります。
アイドルなんて甘く見てましたが、仕事に掛ける思いやプライドは他の仕事と変わりません。

そんな彼女たちが少しづつ成長していく姿を見ると、思わず応援したくなるんですよね~(笑)
キャラ良し、ゲーム性良し、ストーリー良しで三拍子そろったスマホゲームを是非、遊んでみて下さい!

 

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。