【lazer league レビュー】これぞまさにe-スポーツ!競技性の高さがゲームの可能性を広げる良作

最近の言葉で”e-スポーツ”と言うジャンルが存在します。

エレクトロ二ック・スポーツと言う名称で、”電子のスポーツ”と言われております。

 

「ゲームなのにスポーツ?」

そう思った方も多いのではないでしょうか?

なんだか違和感ですよね。

  • ゲームはスポーツと違う
  • ゲームはスポーツほど感動を与えられない
  • ゲームがスポーツなんて邪道

一色単にしてしまうと、多くの反発が来そうな感じですね(笑)

それは本気でゲームに打ち込んでる人を見てないからだと思います。

 

世の中にはゲームで生活をする”プロゲーマー”という職種の方がいます。

まさに”ゲームで生きる”を具現化したような人たちです。

収入源は具体的に次のようなものになります。

  • 大会などによる賞金
  • スポンサー会社からの収入

などの収入で生活しております。

 

「ゲームで稼ぐなんてズルい」

そう思いませんでしたか?

僕も最初はそう思いましたが、よーく考えても見てください。

ゲームだけで生きるのは不安で孤独なんです。

僕にはとてもじゃないけど無理です。

 

プロゲーマーは一種のアスリートです。

ゲームと言う競技がなくなれば、結果を残せなければ、生き残ることは出来ないでしょう。

多くの人がゲームとスポーツは別物だと感じるでしょう。

それは正しいようで完全なイコールではないと思うんです。

彼らは常に真剣にゲームに向かいあい、多くのゲームファンを熱狂に包み込みます。

半端じゃないほどの情熱を胸にやどし、本気でぶつかってるんです。

 

それを見て心が動かないはずがない。

会場が生きてるかのように沸きだち、すべての観客の視線がプレイヤーに集中する。

プロゲーマーは1つ1つのプレイに魂をこめて、ゲームのキャラに命を宿す。

なんらスポーツと変わりない。

 

今回紹介するゲームは、e-スポーツという存在を肌で感じて欲しいと思ったので紹介することにしました。

lazer leagueはゲームと言うよりもスポーツに近い感覚のゲームです。

必要なのはチームワークと反射神経。

ゲームをあまり遊ばない人でも熱狂するような、競技性の高さに惹かれました。

ここぞとばかりに紹介させてください(笑)

 

タイトル 【lazer league】

詳細情報

  • 機種 PC
  • ジャンル スポーツ系アクション
  • 購入価格 Steamセールで888円(定価1480円)

ざっくり概要

まるでスポーツをしている様な感覚で、競技性の高いゲームです。

ルールは至ってシンプル。

ノードと言われるレーザーに”当たらない様に生き残る”のみ。

持てる知識と反射神経を武器にキャラを操り、最後に残ってた人の勝ちになります。

最大4体4のチーム戦が肝になっており、仲間との連携も非常に重要です。

マルチで遊べばスポーツ様な熱狂を呼んでくれるゲームですね。

 

6つのクラスとアビリティの組み合わせで様々な立ち回りが出来るのも面白い。

  1. GHOST(ゴースト)→少しの間、透明になることで安定した補助が出来る
  2. SHOCK(ショック)→相手をマヒさせて拘束しスキルゲージを0にするヒーロー
  3. SHIEF(シーフ)→ノードと言われるレーザーを敵から奪える戦略的なクラス
  4. SNIPE(スナイプ)→自身でワープポイントを作り出し、ワープの移動ライン状に敵が居れば破壊する
  5. SMASH(スマッシュ)→体当たりして敵を大きく吹き飛ばすイカした役回り
  6. BLADE(ブレード)→突撃して敵を破壊する絶対ころすマン

以上のクラスを選択して戦います。

各クラスごとに特性を伸ばすアビリティが用意されてるので、キャラが被っても差別化できます。

 

例えばSMASHというクラスを選択したとしましょう。

SMASHの基本的な動きは”相手を吹き飛ばす”という役回りです。

なんとなくイメージが湧きますか?

アビリティを組み合わせることで、少しだけ動き方に変化を加えることが出来ます。

  • コンボ→敵に攻撃が当たればスキルゲージが復活する→連続で攻撃可能→複数の敵の妨害が出来るが効果は薄い
  • エクステンド→吹き飛ばした後の仰け反りが長くなる→トドメを刺しやすくなる→連続の使用が出来ない

他にもスキルはありますが、上記の2つだけでも戦い方が大きく異なるのが分かったと思います。

チームとの相性を考えて、性能を細かく変更できるのも面白いなぁと感じました。

 

レーザーリーグはソロでも遊べますが、性質上マルチプレイの方が面白いです(笑)

ホントにスポーツで遊んでる様な楽しさがあって、燃えるんですよね〜

 

電子とスポーツの融合。

 

ちょっとありきたりな言葉かもしれませんが、ピッタリな表現だと思います。

 

ただ難点が…

実は日本語非対応なのでちょっと違和感をかんじてしまうかも…

ここがポイント!

  • ゲームっぽくない競技性の高さ
  • 熱狂に包まれる様な雰囲気
  • 豊富な役回りができる戦略性
  • 1人1人の力が試されるチームワーク
  • なんかトロンっぽくてカッコいい(笑)

こうゆうさん(@kouyuu5)がシェアした投稿

e-スポーツを彷彿とさせるゲーム性

正直、僕自身e-スポーツって言葉をあんまり知らなかったんですよ(笑)

だってゲームとスポーツが一緒なんてイメージ出来ないじゃないですか。

そんな僕がレーザーリーグのトレーラーを見て思ったんです。

「これはまさにスポーツそのものだ…」

 

試合の開始前には客達の歓声が挙がり、どんどん興奮が高まる。

ゾクゾクする様な感覚を全身に感じつつ、コントローラーを握る。

カウントダウンに息をのみ、呼吸を整える。

試合開始の盛り上がりに合わせ、会場のボルテージも一気に高まる。

大激戦の末に勝負が決すれば、大きな大きな叫び声が歓喜に乗って伝わってくる。

僕から言わせればワールドカップみたいな雰囲気ですかね(笑)

ゲームだけど真剣勝負を感じるスポーティーな感じにそそられるんです。

 

レーザーリーグに出会えて気づきました。

「e-スポーツはホントにスポーツなんだ」

おかしな話かもしれません。

でも、僕が感じた熱狂や競技性はホンモノです。

たしかにアレはゲームではなくスポーツです。

ゲームの世界はここまで進化したのかと思わざる得ない興奮や迫力。

これこそまさにe-スポーツだなと思えました。

 

反射神経がモノを言うシンプル試合

最近のゲームはやたら難しい…

僕は深くため息をつく様に思ってしまいます。

  • ルール
  • システム
  • 操作性

ゲーム慣れしてる人にとっては、ホームの様な安心感さえ感じさせてくれます。

 

しかしゲームが苦手な方はどうでしょう?

覚えるだけでも大変なのに、たくさんのボタン操作も習得しなければなりません。

ゲーマーが当たり前に行う事って、結構難しいことだったりするんです。

レーザーリーグの操作は移動とスキルのみ

2つの行動だけなら、覚えるのも遊ぶのもカンタンですよね。

ゲームの本質といえばいいのか、本来ならゲームって誰でも遊べるものだと思うんです。

それこそ”ジャンケン”のように誰でも遊べるのが理想だと。

 

レーザーリーグは操作がめちゃくちゃシンプルなので、遊ぶまでのハードルが低いんです。

レーザーに当たらない様にする

これだけなんです(笑)

細かいことを言えば色々ありますが、遊び方はシンプル。

必要なのは反射神経だけです。

ゲームのテクニックなんていりません。

 

ややこしいことは抜きにして、シンプルに熱いバトルをして欲しい。

思わず叫んじゃう様な勝負を、誰でも手軽に味わって欲しい。

スポーツは運動が得意な人だけが楽しむものではない。

電子というフィールドで、バッチバチにぶつかり合うバトルを。

画面越しに伝わる歓声を心ゆくまで味わって下さい。

 

1人1人のロールが勝負を熱く盛り上げる

ロールとは”役割”という意味です。

チームプレイにおいて1人1人のロールは、非常に重要なエッセンスになります。

しかしレーザーリーグは、バラバラで統一性のないチームでも充分戦えちゃいます(笑)

それが面白いなぁって思ったんです。

 

通常はチームプレイって皆んなが協力しながら戦うんです。

それこそスポーツにも同じことが言えますよね。

でも、レーザーリーグは完全にチームプレイに徹しなくても良いと感じたんです。

もちろんメンバーが協力して、1つのチームとして戦った方が強いとは思います。

でもそれって違うとも思うんです。

 

勝ちたいからゲームやってる訳ではない

僕はマルチプレイで空気を読まずに好きなキャラを使う人が好きです(笑)

ホントに好きなんだなって思っちゃうんですよね~

だったらそのこだわりを思いっきりぶつけて楽しんで欲しいなぁって。

 

どちらかと言うと僕は色々なキャラで色々なシチュエーションでゲームを遊びたいんです。

だから別に苦ではありません。

でも遊びたいキャラが決まってる人はどうでしょうか?

勝つために最適な組み合わせのキャラを選ばなきゃいけないんでしょうか?

 

それは違う。

ゲームは本来楽しむモノ。

相性の良し悪しは少なからず存在するでしょう。

それは避けれないし、あった方が楽しいとも思う。

でも相性が勝敗にめちゃくちゃ影響を与えるゲームだと、正直疲れます。

気を使って遊ぶのって神経使うんです(笑)

だから相性の影響が小さいことが理想だと僕は思ってます。

 

レーザーリーグはどのクラスもソロで充分戦えます。

ゲーム自体もスキルを使わずに楽しめるので、クラスの存在が強すぎないんです。

絶対的な役割が決まってなくても遊べる印象なんです。

わりと自由。

 

個性を爆発させて楽しんでも面白そうだなって(笑)

  • 防御を捨てて直接攻撃だけのパーティにしたり
  • 相手のレーザーを奪うことだけに特化したパーティにしたり
  • 全力で逃げ切るだけを意識したパーティにしたり

バランスをぶっ壊したパーティもありだなと感じました(笑)

 

各クラスの役割はありますが能力が強すぎないので、ロールに縛られない動きになる。

ホント伸び伸び遊べるような感触です。

ゲーム性のシンプルさも相まって初心者でも遊びやすいと思いました。

 

まとめ!

新感覚の電子スポーツゲーム!

 

かなりオススメのゲームです!

今後e-スポーツの種目とかにならないかなって思うくらい(笑)

何といってもシンプルなのに面白いところがど真ん中ストライク!!

小難しいこと抜きに熱く戦えるゲームは、そう多くありませんからね(笑)

 

多くの人に手軽にゲームを遊んで欲しい。

その思いに見事にこたえてくれたレーザーリ―グに大きな拍手をおくります。

パチパチパチ。

 

しかし…

500円以上なんです。

申し訳ない…

今後は少し予算オーバーのものも混ぜながら紹介するかもしれません(笑)

 

ちなみに僕のsteamIDは”luck1108” です

僕の記事をみて購入を考えてるそこにアナタ!

一緒に遊びましょう(笑)

電子のフィールドでアナタを待ってます!

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。