【オクトパストラベラー体験版】初めてSwitch買ったのでレビューします!

今更感が半端じゃないですが、どーしてもオクトパストラベラーを遊びたかったのでswitch本体買いました。

だって面白そうだったんだもん(笑)

ワンコインゲームズなんてお構いなしに新作が堂々の登場です!

だって面白かったんだもん(笑)

今回は体験版という事でざっくりとしたレビューになります。

制約のせいで断片的にはなってますが、充分に魅力を感じ取る事が出来ました。

  • 懐かしき雰囲気を醸し出しつつも、最新ハードらしいクオリティ
  • シンプルかつ奥深さを感じる、ほど良い戦闘バランス
  • 全く異なる遊び方をさせてくれる、個性的なキャラクター

ちょっと持ち上げ過ぎかなって感じも否めませんが、体験版でここまで感じさせてくれました。

製品版までの復習や、購入を検討されてる方のお役に立てれば光栄です。

タイトル オクトパストラベラー(体験版)

詳細情報

  • 機種 Switch
  • ジャンル RPG
  • 購入価格 体験版なので無料(プレイ時間とエリア制限アリ)

ざっくり概要

昔懐かしの良質なドット絵テイストなRPG。

一見すると派手さはないかもしれないですが、丁寧に作られた暖かみのあるグラフィックがゲーマー心を確実に掴んでます。

決められたルートを進む王道的なRPGではなく、ある程度自由に進めるフリーシナリオ方式を採用。

無理やり難しいルートに突入したり、自分の好きな順番でストーリーを進めることが出来ます。

今でも語り継がれるロマンシングサガのような雰囲気を感じさせ、やり込みにも力が入りそう。

8人のプレイヤーキャラにはそれぞれフィールドで使える固有特性があり、遊び心が溢れてます。

  • 村人を誘惑して戦闘に加勢させれる踊り子のプリムロゼ
  • お年寄りにも1対1の真剣勝負を申し込める剛腕剣士のオルベリク
  • 序盤から貴重なアイテムを商談できる幼い商人のトレサ
  • 貴重な情報から小ネタまで隅々まで探り出す学者のサイラス
  • 市民を導きバトルにも参加させる神官のオーフェリア
  • 魔物を捕獲したり一般人をけしかけたり出来る女狩人のハンイット
  • 所かまわずアイテムを盗みまくる盗賊のテリオン
  • 調合を武器に人々を助ける薬師のアーフィン

固有アクションはストーリーやバトルでも活用できますが、サブクエや小ネタの回収にも一役買っていて面白かったです(笑)

使い方によってゲームとしての楽しさが、何倍にも膨れ上がる可能性を感じました。

バトルでもシンプルかつ奥深いシステムを採用。

  • ブレイク=弱点を突く事で気絶させ行動を封じ与ダメアップ
  • バースト=毎ターン溜まるゲージを使って強力な技を使用する

最近のゲームにしては分かりやすくて使いやすい印象でした。

取っつきやすいのでバトルにもすんなり馴染めるかと思います。

体験版という事で、まだまだ未知数な部分はありましたがツボを確実についてきました(笑)

最新ハードを使用しつつ、どこか懐かしいノスタルジックな雰囲気。

スーファミライクなレトロゲーマーの僕にはジャストフィット!(笑)

製品版に大きく期待の掛かるやり込み系RPGです!

ここがポイント!

  • 思い出のゲームを彷彿とさせる懐かしいグラフィック
  • プレイヤーの介入が可能なフリーシナリオ
  • シンプルかつ奥深い戦闘
  • 8人のキャラクターが扱う特別なフィールドスキル
  • 遊び心を感じる自由度の高さ

switchの名作RPGになれる予感

久々に胸がときめきました。

「これは絶対に名作になる」

最近のRPGは美麗なムービーやハイクオリティなキャラが一人歩きしてるモノも多く、どこかゲームとしての魅力を感じなかったんです。

人によってゲームに求める要素は大きく変わります。

  • 感動を呼ぶ王道ストーリー
  • キャラやグラフィックの好み
  • シビアなゲーム性や複雑な操作

人によって好きなゲームは違います。

だからこそ完璧なゲームなんて作れっこない。

それでも僕が「オクトパストラベラーは名作になる」っと考えるのには訳があります。

王道を感じさせる手堅さ

キーワードは王道。

過去に遊んだ名作を随所に感じさせるメジャーな雰囲気。

画期的なシステムで勝負するという感じではなく、安心感さえ感じる玄人好みの作風を感じるんです。

がっつりゲーマーを狙ってきたなって印象(笑)

地味そうに見えるけど確実に良作だなと感じさぜるを得ない。

過去の名作をリスペクトしつつ、現代っぽいテイストを上手く融合させてます。

その結果、どこか懐かしさを感じるノスタルジックなゲームに仕上がってます。

お見事!

ロマサガを彷彿とさせる自由度とやり込み要素

僕が注目してる部分は”各キャラが持つフィールドスキル”

この要素がオクトパストラベラーの肝になると確信しております。

なんといってもこのスキルは自由度が凄まじい(笑)

序盤からガンガン活用すれば、早い段階で強力な武器やアイテムを手に入れることも出来ます。

強力なアビリティを持つ市民を仲間にすれば、縛りプレイや低レベルクリアも視野に入ってきます。

オクトパストラベラーというゲームは、理解すればするほど面白さが奥底から噴き出す。

まさにスルメゲーという印象(笑)

攻略の幅が広がるフリーシナリオがアツい

だいたいのRPGはストーリーが1本道。

「この次はココで、その次はココで…」

てな感じで、お使いのごとく歩くのはどこか退屈ですよね。

ゲームに慣れてない人にはありがたいかもしれないですが、慣れてる人にとってはもどかしさを感じる時も…

オクトパストラベラーは8人のキャラクターを操作する、フリーシナリオとなっております。

カンタンに言えば”どこに行っても良いストーリー”なんです。

オープンワールドっぽいと言えば想像しやすいかもしれません。

「この次は回り道してあっちに行こう、その次は危険だけどこっちに行こう」

  • 敵の強さを考えずに瞬殺されるようなルートを進んでもいい。
  • 明らかにストーリーと関係ないルートに進んでもいい
  • もちろん普通に進んでもいい

慣れてないうちは戸惑うかもしれない。

それでも。

好奇心に身を任せてゲームを楽しむのはメッチャ楽しいです!(笑)

ゲームに導かれるのではない。

自分の手で物語を紡ぎだす。

オクトパストラベラーにはそんな魅力が詰まってます。

 

まとめ!

switchのおすすめRPGとして君臨し続けるであろう良作

満足!

switch買ってよかった(笑)

体験版なのでイマイチ掴めてない部分も多いですが、それを差し引いても面白かったです!

他の王道RPGにはない”自由度”がポイントになりそう。

  • フリーシナリオ
  • 8人のキャラの豊かなスキル

この二つがどこまで差別化をしてくれるのか物凄く期待です。

体験版は無料なのでswitchを持ってるならダウンロードしても損はナシ!

しかも製品版に引継ぎまで出来る太っ腹ぶり(笑)

いやぁー製品版が楽しみですなぁ~(笑)

1 Comment

kentworld

おお!オクトパストラベラーのためにSwitchを購入されましたか!?

記事を読んでこうゆうさんが本当に楽しんでいるのが伝わってきます。

この体験版、3時間みっちりプレイ出来て太っ腹ですよね~。

フリーシナリオはどう落とし込んでくるのか楽しみです。見た目はレトロチックですが、本作には壮大な野望を感じます。

上手く理想が追い付いていたら名作になれそうな予感がするので、製品版が楽しみですね♪

返信する

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。