【トルネコの大冒険 レビュー】1000回遊べるローグライクの大御所、ついにワンコインゲームに殴り込み!

「やっぱり不思議のダンジョンシリーズの王道は”シレン”か”トルネコ”だよなぁ~」

上の二つのゲームは玄人ゲーマーに末永く愛され続け、何十年も遊び継がれている大御所ゲームでございます。
”1000回遊べる”のキャッチコピーは伊達ではなく、プレイ時間がえげつない時間の猛者も大勢います(笑)

僕の知人の方は999時間遊びつくしゲームの記録できる時間が天井になり、時が止まってる方もいらっしゃいます(笑)
ここで僕は疑問に感じました。

「なぜ飽きずにそこまであそべるのか…」

不思議なダンジョンはゲームジャンルの一つです。
ざっくり言うと”ダンジョンを探検するRPG”のようなイメージですね。

大きな特徴を何点か挙げると。

  • ダンジョンクリアor死亡時に毎回レベルが”1”に戻る
  • 遊ぶたびにダンジョンの構造が変化する
  • ダンジョンで死亡した場合持ってる武器やアイテムが消える

こんな感じですね。
知ってる人からすると当たり前のように感じるかも知れませんが、知らない人からするとこう思うはずです。

「難しすぎでしょ!!(笑)」

そうなんです(笑)
難しいんです!!

このジャンルはゲーム慣れしてない人には、厳しいジャンルなんです。
てか僕自身も難しいと感じました(笑)

何回死んだか分かりませんよ(笑)
せっかく集めた武器も全て消えるし…

発狂ものですよ!!(笑)
不意打ちで焦って罠にハマって、敵に囲まれて、やっとの思いで切り抜けたのに餓死する…
ホントに嫌になるほど頭を使うゲームなんです。

それでも是非とも紹介したいと思ったのには訳があります。
それは…

”めちゃくちゃドラマチックな経験が出来るんです”

  • 死にもの狂いで敵から逃げた先にお宝を発見し、敵を一網打尽にしたり。
  • 余裕をぶっこいてダンジョンを探索してる時に、罠にかかって敵にボコボコにされたり。
  • 鍛えた武器を使って見たことない敵を倒そうとしたら、初見殺しされて武器を失ったり。

予想もしないような事が次から次へと襲ってきて、遊ぶたびにハラハラドキドキするんです!
しかも毎回味わう事が出来るんです!

ゲーム慣れしてない方にはピンと来ないかも知れません。
だからこそ、そんなアナタに遊んで欲しいんです。

自分からは決して手を出さないような、良く分からないゲームだからこそ紹介させてください!
僕と一緒に初めの一歩を踏み出しましょう!

今回紹介するのは王道中の王道”トルネコシリーズ”の名作です。

一期一会のダンジョンが時間を忘れさせてくれる

タイトル トルネコの大冒険2
機種 PS
ジャンル 不思議のダンジョン
購入価格 ハードオフで100円(この値段は珍しい)

こうゆうさん(@kouyuu5)がシェアした投稿

言わずもながら不思議のダンジョンと言えばの代名詞です。
遊んでみるとシビアな難易度に思わず、叫びまくりました。
「うわっ!まじかよ…」
「それはやべぇ…」
「ホントにやめて!!」アホかもしれませんが、ホントに熱中するとこういう言葉を一人で発するのが人間です(笑)
何回死んだことか…

  • 敵に囲まれて死ぬ
  • 思うようにアイテムが拾えず死ぬ
  • 油断して死ぬ(これは自分が悪い笑)

自称にわかゲーマーの僕でも死にまくるので、これから遊ぼうとしてる皆様も苦戦する事まちがいなし!
もし全然苦戦もせずにクリアできたなら、ゲーマーの才能に溢れてるので今すぐゲーマーを名乗ってください(笑)

1000回遊べると言うセリフは伊達ではなく、毎回ランダムで構造が変わるダンジョンのおかげで全く飽きません(笑)
前回は全然アイテムが無かったのに、今回はめっちゃ武器が落ちてるなんてハッピーなこともしばしば。

どこに何が落ちてるかも分からない手探り感は、どれだけ上手いゲーマーも初心者も全く同じです。
何回遊んでも新鮮味を感じさせてくれるゲームは、数少ないので非常にやりがいも感じられます。

無我夢中でダンジョンを駆け巡り、苦労して手に入れた剣を使って敵をなぎ倒す。
まるで自分がプロゲーマーになったのではないかと思えるほど爽快感!
緊張から解放される最高の気持ちよさを味わってほしい!

トルネコが愛される理由

遊んだことが無い人から見ると、なんで1000回も遊べるのかって思いますよね。
このゲームが大好きな人は、実は1000回どころではなく何万回も遊んで骨まで味わい尽くしてます(笑)

どんなに優れたゲームでもここまで遊ばれるゲームはそうそうないと思います。
皆さん理由が気になりますよね?

ここからは僕の主観的な話になるんですが、トルネコの魅力に触れていきたいと思います。
これを最後まで聴けば、きっとあなたもこのゲームで遊びたくなる事でしょう(笑)

1.RPGなのにテクニックが必要

通常のRPGではレベルをコツコツ上げれば比較的多くの人がクリアまでもっていくことが出来ます。
しかしこのゲームはダンジョンを抜ける度にレベルがリセットされて1に戻ります(笑)

つまりレベルを上げても次に生かせません。
よってその場限りのレベル上げになります。

すると革新的なことがアナタの頭で起こります。
「次はどうやって遊ぼうかなぁ」と色々な作戦を練りだすのです。

レベルが1に戻ると言う事は、自分の力と知恵だけでまた遊ばなければクリアできません。
純粋な自分の腕前のみが反映されるんです。

その結果あなたは毎回頭を使ってゲームを遊ぶことが出来るので、マンネリ化をすることもないでしょう。
次から次へと自分で考え、自分自身が成長していくことが出来るんです。

ゲームと言えど自分自身が成長してると感じれることは、物凄い充実感を感じさせてくれます。
まるで自分が神になったかのような優越感に浸れるんです(笑)

この経験はゲームと言えど人生においてきっと何か役にたつのでは無いかと本気で思います。
それほど頭を使って成長をすることが出来るゲームなんです。

2.ランダム要素が作り出すドラマチックな展開

ダンジョンに突入した時は何も持っていないので物凄く弱いです(笑)
道中でランダムに落ちてる武器を拾い、自身を強化させていきます。

運よくを盾を見つけて急いで拾いに行ったり。

お次に敵との間合いに気を付けながら剣を拾ったり。

危険なダンジョンに嫌気がさして脱出しようとしたり。

強力なアイテムを取ろうと欲張っていたら見えないトラップに引っかかったり(笑)

いつの間にか囲まれて死ぬしかなかったり(笑)

このゲーム内の出会いは一期一会なんです。
この出会いは一度しかないんです。

次に遊んだ時に全く同じようになる事は無いので、すごく刺激的ですよ(笑)
さっき欲張って拾ったアイテムを使ったら敵が”ミミック”と言うモンスターに変化して襲ってきたなんて、ホントに凄く刺激的…

3.感動するほどの達成感

何回も言ってる通りこのゲームは大変難しいです。
バカみたいに敵にやられます。

僕も軽く遊ぼうと思っただけなのに20回は死んでます(笑)
でも”あと1回”が止まらない。

このゲームは非常に運に左右されますが、絶対クリア出来ないわけでもないんです。
多少有利不利は出来るものの、自分のテクニックや知識次第でいくらでもひっくりかえせます。

だからこそこのゲームを愛する人も多いのかも知れませんね。
下手くそな僕でもなんとなく分かります。

「次こそはクリアして見せる」

そんな根性を出させてくれる難易度と、やりがいを与えてくれるこのゲームには感謝です。
ゲームごときで、っと思う方も居ると思います。

別にそこを否定する気もありません。
ただゲーム如きにムキになれるって僕は素敵なことだなと思います。

ダンジョンを無事にクリアしてこの場面を見れたとき、無意識に思わずパシャリとシャッターを押しました。
声をあげて感動出来たんです。

ゲームとは言え、この達成感と感動を味わってほしい切に願います。

このゲームに合わない人

直観的に遊びたい人

どんだけ遊んでも自分の腕前が全てを左右するので、常に油断なりません(笑)
せっかく拾ったアイテムが全て消え去る喪失感はたるや…
言い表せない絶望を感じますよ(笑)

レベル上げが好きな人

ダンジョンから一歩でも出てしまえばレベルはリセット!!
反論の余地もなくリセット!

武器に関しては持ち帰って強化する事も可能なので、じゃんじゃん持ち帰ってウハウハしてください(笑)
ただし死んでしまうと武器がなくなり、全てが水の泡になるので注意です(笑)

とりあえずクリアだけしたい人

モンスターが凶悪で難易度が結構高いので、コツを掴んでクリアするまで時間が掛かります。
慣れるまでの辛抱ですが、感覚さえつかめばお気に入りのゲームになってくれると思います。

まとめ!

1000回遊べるではなく、気づいたら1000回以上遊んでたゲーム

本来であれば、当ブログのワンコインゲームズでは紹介できないゲームだと思ってました。
なぜかと言うとこのゲームは”相場が今でも1500円”なのでちょいとお高いんです(笑)たまたまハードオフのジャンクコーナーで100円投げ売り状態の所を発見できたので買えました。
きっと神からのお告げですね(笑)

名作の名に恥じない絶妙なゲームバランスと、特有のランダム性が混ざりあい何回も遊びたくなるゲームに仕上がってます。
ホントに気づいたら何時間も経ってるなんてことも(笑)

毎回ドキドキしながらダンジョンに潜り、剣や盾を見つけるだけでガッツポーズをしたり。
まだ見ぬ敵を見つけた時の”倒せるか分からない”緊張感をあじわったり。

あんまり伝わってないかも知れませんが、ホントに死と隣り合わせなゲームなんだなと強く感じました。
一つのミスで命を落とすこともあれば、一つのプレイで神がかったプレイが出来る時もあります。

色々な感情が混ざり合いながら、クリアした時の感動は格別…
ちなみに僕は嬉しぎてツイッターで呟きました(笑)

  • 名前は聞いたことがあったけど遊んだことがない人
  • 気になってるけど一歩が出ない人
  • 面白そうだなと感じた人

コレを機にぜひとも不思議のダンジョン(一部ローグライク系ともいわれます)に挑戦してみてはいかがでしょうか?
過去に100円で買える簡単な不思議のダンジョン系のゲーム紹介もしてるので、そちらで雰囲気を確認しても良いかもしれません。
絶対ヒーロー改造計画

ゲーム好きになら一度くらい体感してほしい面白さが、ぎゅっと詰まってるので是非遊んでみて下さい!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】PSソフト トルネコの大冒険2 〜不思議のダンジョン〜
価格:1210円(税込、送料別) (2018/1/14時点)

 

2 Comments

メトロキシド

おお、ローグライグ!
自分も好みのジャンルですね。
自分はヌルゲーマーなのでポケダンみたいなレベルリセットされないローグライグしかやったことないのですが、それでもローグライグは面白いと思います!

所謂玄人向けの持ち込み不可、レベルリセット系ダンジョンはたまに挑戦したくなりますが決まってか全体の3/4ほど下に潜れたあとに強敵や敵に囲まれて死んだりでやる気がなくなってしまいますが
また翌日には懲りずに挑戦したくなりますw
あと絶体絶命の状況を手持ちのアイテムでどう打開するか、一歩間違えれば即死な状況をどう乗り越えるかというのもローグライグならではですね!

昔の記事にコメント失礼しました。 ついローグライグの記事があったので盛り上がってしまいましたw

返信する
kouyu

メトロさん気が合いますね(笑)
僕も普段は本格的なローグライクは遊ばないんですが、たまたま100円で買えたので遊んじゃいました(笑)

まじで難しかったです!
気が狂いそうになるほど、敵に囲まれて死にました(笑)

自分の腕前だけが反映される面白さは、ローグライクならではですよね~
もし興味があればPSPの”絶対ヒーロー改造計画”の記事もご覧ください!

僕の一番好きなローグライクなので、まじでオススメです!(笑)

返信する

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。