【ワンダと虚像 レビュー】心から湧き上がる感動をアナタに届けたい!皆が選ぶ殿堂入りのアクションゲーム!

「PS2のオススメゲームに必ず名前が挙がるあのゲームはなんだろう?」

多くの人が誰かに自信をもって勧めているゲーム。
本来であれば人に教える必要もないのに、自分から率先して遊んで欲しいと伝えたいゲーム。

アナタはそんなゲームに出会ったことがありますか?

正直多くのプレイヤーがそれを本意で語っているのかは、定かではありません。
なんとなく面白かったから、と言う理由で人に勧める人も居ます。

多くの人が世間の評価に流され、自分の価値観とは違うことを口にしてる場合も大いにあります。
有名なゲームほど影響力が大きく、遊んだことも無いのにオススメしてる輩も存在します。

結局評判なんてものは当てにならない事も多いんです。
実際に自分で遊んでみて、初めて分かるんです。

そんな様々な憶測が飛び交う中、長く愛されてきたゲームには特徴があります。
プレイヤーの心を奪うんです。

心から感情が溢れてきて思わず、言葉を失う。
「このゲームに出会えてよかった」

ただそれだけの感情に浸ることが出来る。
それって素晴らしいことじゃないでしょうか?

そんなゲームこそが長く愛されてるゲームです。
古くから朽ちることなく、現代に語り継がれる名作なんです。

とは言っても、数あるゲームの中から自分に合うゲームを探すことは至難の業。
そこでワンコインゲームを300本近く集めた、僕が最高峰の1作品を紹介します。

500円以下とはとても思えない、ゲームで味わえる最高峰の感動を届けます。

機種 PS2
ジャンル アクション
購入価格 メディアファクトリーで100円

最後の一撃は、せつない。

ゲーム好きなら一度は聞いたことがあるであろう名作。

主人公ワンダを操り、とてつもなく大きい巨人と戦うゲームです。

自分の何倍もの大きさの巨人と戦うことなんて、イメージが出来ないと思います。
画面からでも、巨人の大きさと圧倒的な存在感がこちらに伝わってきます。

アナタはこんな事を想像した事があるでしょうか?

自分がアリのような大きさになって、人間に立ち向かう。
巨人が歩くたびに地面が激しく揺れ動き、恐怖で足がすくむ。

直ぐに逃げなきゃ殺させる。
そんな本能的な危機感を感じる事でしょう。

「勝てるはずない..」
それでも愛する人を守るため、果敢に立ち向かう。

このゲームが感動するといわれる由縁の一つです。

フィールドはオープンワールドになっており、行くあても無いまま巨人を探す旅に出ます。
愛馬にまたがり、風を切る音だけが耳に残る。

余計なものを一切省くことで広がった世界は、ゲームを超えてリアルを感じます。
ゲームなのに何もないんです。

そこにワンダと巨象が居るだけ。
ゲームにありがちな派手さは全くないです。

だからこそ、まるで自分がそこに居るかのような没入感を感じられるんです。

経験値などの概念は無く、道中にザコ敵も出現しないので非常にスムーズでテンポが良い。
敵との戦いはボス戦のみで、一見勝ち目の無いような威圧を放つ巨人との戦いは、かなり鳥肌ものです。

感動作=泣ける良い話のイメージがかなり強いですが、個人的な印象は全く別でした。
ゲームでここまで表現できるのか‥

誰しも素晴らしい景色を見た時に、感動の声を漏らすと思いますが、まさにソレなんです。
普通に遊んでるだけなのに、ただただ圧巻。

「このゲームすげぇ…」
心から感動しました。

行くあてもない冒険

主人公ワンダはヒロインである女の子を救うために、世界に存在する巨人を倒す旅に出ます。
それ以外の目的は無く、巨人を探す目印になる物は、自身の持つ剣が放つ光のみ。

マップが表示される事もなく、大した説明もなく、いきなりほっぽり出された感じです。
最近のゲームで良く聞く”雰囲気ゲー”と呼ばれる様なゲームで、独特の世界観を持ってます。

広大なフィールドを愛馬と共に駆け抜け、まだ見ぬ巨人を探す旅はココロを揺さぶります。
早く巨人と戦いたい!

そんな思いに駆られながら、光の指す方角へ愛馬を走らせる。
ロードも無くストレスフリーに切り替わって行くマップに感動しつつ、とりあえず辺りを散策。

やっとの思いで巨人に出会った時の衝撃は、忘れられません。
デカすぎて思わず自分の体をのけぞらせ、テレビ画面のはるか上覗いちゃいました(笑)

最初こそ戸惑いを隠せない事も多く、微妙だなと感じてしまうプレイヤーも割と多いです。
ハードルが上がり過ぎてるのが原因ですね(笑)

僕も正直な話、巨人と出逢うまではそこまで良い印象はありませんでした。

何して良いかわからないし、レベルも無いし、小難しいゲームだなと。
最初の巨人と出会うまでは。

大感動の巨人戦

なんだコイツ、めっちゃデカイぞ!

テレビ画面に収まりきらない規格外の大きさに、思わず画面の外を見上げてしまうほどの迫力。
加えてこちらの持つ武器は剣と弓のみ。

勝てるはずが無いと思える程の絶望感を感じ、威圧感に圧倒されてる間に踏み潰されました。
「すげぇ…」

こんなの初めてだ。
素直な僕の感想です。

今まで遊んできたゲームは、経験値を稼いだり、テクニックを磨けば勝てるきざしが見えました。
今回は全然見えない…

最初のボスなのに。

何より迫力が凄い。

一体どうやって攻撃すりゃ良いんだと思えるほどデカくて、試しに足を斬りつけてみても与えるダメージは1ミリ程度。
まるで山と戦ってるかの様な気分です(笑)

まさしくボスの名に相応しい貫禄で、目の前に立ち塞がります。
永遠とチクチク攻撃しても体力は全く減らないし、敵の容赦無い攻撃がこちらを襲ってきます。

だからと言って強力な技があるわけでも無く、強い武器が手に入る訳でも無く、レベルを上げて倒せるわけでも無く。
主人公とシンクロしたかの様に、あることを考える訳です。

どうやったら倒せるのか。

最後の一撃は、せつない

一見どうやっても勝ち目のない戦いに見えますが、巨人には弱点が存在していて、そこを剣で突き刺す事でダメージを与えることが出来ます。
弱点になる部分は巨人の上部に存在している為、普通に戦ってるだけでは届きません。

力一杯巨人にしがみ付き、少しづつ巨人の身体をよじ登り、脚などを攻撃したりして体勢を崩します。
膝が崩れた時などに、一気に駆け上り弱点を突く様な戦いになります。

従来のアクションゲームと違ってスピード感は無いですが、ワンダ独特の重厚感と手探りのバトルを楽しめます。
これこそが本当のボスバトルです。

難易度はかなり高めで、まるでパズルゲームの様なギミックが多く、最初のボスから苦戦する人も。
ボスとの戦闘は時間が掛かるので、めんどくさくなってしまったり、ノーヒントでの戦いで詰んでしまったりする人も。

チクチクと攻撃するだけのバトルなんかではありません。
全力で敵とぶつかり、一戦一戦に緊張するんです。

超高層ビルの一番上まで登り、強風や大きな揺れを必死にしがみつきながら弱点を目指す。
落ちたら即死のプレッシャーに耐えつつ、慎重に懸命に。

ゲームとは言え、かなりの緊張感がアナタを包みます。
実際に自分が登ってるかのような没入感が、画面を通じて伝わってきます。

必死の思いでそこを乗り越え、巨人の弱点に剣を突き刺した時、時間はスローモーションになり静かに巨人が崩れ落ちる。

最後の一撃は、せつない。

このゲームに合わない人

雰囲気ゲーだけだと思ってる人

めっちゃ難しいゲームです。

アクションゲームの基本となる、パターン構築が出来ない方だと、永遠と殺されます。

泣ける話を期待してる人

ストーリーは多くを語らず、プレイヤーである皆様に委ねてる部分があるので、感動する話が聞けるわけではありません。

遊べば分かると思いますが、ゲームから感じる雰囲気に感動します。

分かりやすいストーリーが好きな方

明確なストーリーの説明が無いので、分かりにくいです。

好きな人は好きだけど、嫌いな人は嫌いな感じですね。

まとめ!

ゲームの価値観を見直す名作

名前は聞いたことあるけど実際どうなのよと思い続け、遊んでみたら衝撃を受けました。
ゲームでここまで感動したのはホントに初めて。

ゲーム初心者向けと言うよりも、ゲーム好きにこそ遊んで欲しい作品です。
夢中になって遊んで、ボスを倒した時に感じるせつない気持ち‥

コレで終わってしまうんだなと喪失感を感じる
もどかしい気持ち。

記憶を消して純粋な気持ちでもう一度遊びたいと思える良いゲームでした。
PS2版なら500円以下だし、PS3でリメイクされた物も安く手に入ると思うので、必ず遊んで欲しいです。

きっと、何か心に残るモノと出会うことでしょう。

あなたもきっと感じるでしょう。
最後の一撃は、せつない。

 

 

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。