全然弾が当たらない人必見!エイムのコツを掴んでドン勝つを目指せ!

TPSやFPSで敵に弾が当たらない事ってありますよね…

いっくらこっちから撃っても当たらないし、向こうの銃弾はバカスカ当たるし…

バトルロワイヤル系のPUBGやFortniteなどのゲームは、最悪生き残ればドン勝つ出来ます。

でもやっぱり”倒したい”ですよね~(笑)

僕だったら百戦錬磨のガンマンの如くバンバン敵を倒したいです。

「Foo〜気持ちイィ!(笑)」

的な事言いたいです(笑)

なので今回はTPSやFPSで必須要素の”エイム”について説明したいと思います。

そもそもエイムとはなんぞや?

ざっくり言うと”敵を捕捉し続けるテクニック”のことを指します。

ゲーム中に棒立ちのキャラなんか居ません。

激しく動き回る敵に、標準を合わせ続けなければ弾は当たりません。

この能力を鍛えることが、TPSやFPSで勝ち残る秘訣といっても過言ではありません。

立ち回りと並び重要な基礎なのでしっかりと身体に染み込ませましょう。

立ち回りの基礎はコチラにまとめてます。

TPS初心者はエイムではなく立ち回りから!

2種類のエイムを知ろう

難しそうに感じるかもしれませんが、コツを掴めばそこそこのレベルまではカンタンに行きます(笑)

「経験者だからそんな事が言えるんだろ!」

とか思われるかも知れませんね。

その通りですよ(笑)

経験者だからこそ言うんです。

エイムという得体の知れない存在を野放しにしてるからこそ、上達が遅くなってしまうんです。

まずは概要を掴んでコツを知ること

コレが重要なんです。

何も考えず練習してすぐに上手くなるなら、誰だってプロゲーマーになっちゃいます。

ちょっとしたカンやコツがあれば、上達の スピードは大きく変化するもんです(笑)

エイムの種類は大きく分けて2種類

  1. 咄嗟に照準を合わせるエイム→早いエイム
  2. 敵を捕捉し続けるエイム→遅いエイム

ざっくりと2つに分解出来ます。

この違いを理解することから始めましょう。

自分の苦手を知れば上達出来る

アナタはどうしてエイムが苦手なんでしょうか?

  • 急に出てきた敵に当たらない
  • 見つけては居るけど当たらない
  • そもそも敵がどこにいるか分からない

人それぞれ苦手だと思うシチュエーションがあるはずです。

僕の場合だと奇襲してるのに撃ち負ける事が多々あります(笑)

この場合は”遅いエイム”が苦手な訳です。

つまり練習方法として”敵を捉え続ける”練習をすれば、確実にエイムの力が付きます。

下手くそですね~(笑)

では!

急に出てきた敵に対応出来ないという人が居た場合も考えてみましょう。

このケースは”早いエイム”が苦手というケースです。

練習としては”咄嗟に照準を合わせる”練習をすれば、少しずつ地力が付いていくでしょう。

全く弾が当たらない人の為の練習方法とは

誰でも出来る超画期的な練習方法を伝授します。

最初に言っときますが、ホントに苦手な初心者に向けて書いてます。

その方法とは!

「動きながらデカイものを撃ちまくる」

ちゃんと理由があるんです!

お願い離脱しないで!(笑)

そもそも敵に当たらない理由は2つ。

  • 敵からだんだん照準がズレていく
  • そもそも敵に照準が合ってない

このどちらかだとお思います。

つまり”早いエイム”か”遅いエイム”のどちらかが苦手だと思うんです。

この状態でいくら対人戦をしても、そりゃ当たらないと思います。

なんでデカイ岩を撃つの?

理由は3つほど有ります。

  • 対象が動かない
  • デカイから当てやすい
  • いくら当てても壊れない

対人で銃弾を当てるのはマジで難しいです。

経験者が言うんだから間違いない。

それなのに初心者が人を狙うなんてハードルが高すぎます(笑)

まずは”弾を何かに当てる”ことから始めましょう。

動きながら岩を撃つという行為の中には、様々な練習を含んでるんです。

  • 狙った場所をズラさずに撃つ練習
  • 自分が動きながら撃つことでズレてく照準を合わせる練習
  • 移動してる最中に出てきた敵に素早く照準を持ってく練習

実践と違う点は”対象が動いてるかどうか”という部分です。

それ以外はなんら変わりません。

“動かなくてデカイもの”を対象にして練習してみて下さい。

余裕で出来るようになれば実践に変えてみましょう。

かなり上達してると思いますよ(笑)

エイム上達のコツって結局なんなの?

エイムに限らず上達のコツは”シンプルにする”事です。

「弾が全然当たらないしどうすればいいんだろう…」

なんて深刻に考えずにシンプルに考える事です。

「敵に照準を合わせ続ければ良いのか!笑」

的な感じです(笑)

出来る出来ないは置いといて、練習する項目を明確にする事が大切です。

人間はイメージを持つ事で飛躍的に成長出来るんです。

「だいたいこんな感じかなぁ~」

というニュアンスを大切にしましょう(笑)

その為にやっておくべき事

それは自己分析と要素の分解です。

自分の強みや弱みを知る事で、やるべき事が明確になり加速度的に上達していきます。

彼を知り己を知れば百戦危うからずとはよく言ったものですね(笑)

もう1つは分解です。

難しそうに思える内容も小さな要素が積み重なって出来てます。

エイムに関しては以下の様に分解できます。

  • 早いエイム→すぐに照準を合わせる
  • 遅いエイム→目標を捉え続ける

一個一個の難易度は大した事ないんです(笑)

段階を踏んで一個づつランクアップ出来れば、エイム力が確実に上達します。

自分の癖を知り丁寧に練習すれば、絶対上手くなりますよ(笑)

まとめ!

自分の苦手なエイムを理解して、的を絞って1つづつ練習する!

最後に一言。

「敵に弾が当たらないなんて事はありません(笑)」

ホントに当たらなければチートです(笑)

誰だって敵に弾を当てる事は出来るんです。

たしかに最初は難しいと思いますし、自分の思い通りに照準を合わせるのは難しいかもしれません。

でも。

絶対当たるから大丈夫!

絶対に敵を倒せる様になるので自信を持ってください(笑)

地道にコツコツと。

対人じゃなくて動かない標的で練習したって良いじゃないですか。

少しづつでも前に進みましょう。

アナタが「ドン勝った!」とTwitterで呟く姿を妄想しながら僕も頑張ります(笑)

焦らず楽しくTPSやFPSを遊びましょ〜

立ち回りが良く分からない人はこちら!

TPS初心者に捧げる立ち回り術

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。