格ゲー初心者向け【カルル=クローバー】ってどんなキャラ?

出演作品 ブレイブルー
タイプ テクニカル
難易度 難しい

ざっくりどんなキャラ?

機械人形にされてしまった姉さんと一緒に戦うメガネキャラ。

絵に描いたようなおねショタキャラですね(笑)

ドライブ能力で実の姉でもあるニルヴァーナと呼ばれる人形を操作しつつ、2人で戦うテクニカルなキャラ。

単純に2つのキャラを操るので戦力は2倍。

もちろん難易度も2倍(笑)

ニルヴァーナはボタンを押し続けてる間だけ動かせて、コマンドを入れながらボタンを離すと適応した攻撃をしてくれます。

ボタンをホールドする時間が長く、パッドだと非常に操作しにくいので、ほぼアケコン必須レベルだと思います。

上手く扱えるようになると、お姉様と一緒に敵を囲んでボコボコに出来るようになるので面白いですよ(笑)

カルル→姉さん→カルル→姉さんってな具合にリンチする事も可能な所が魅力的。

ただしニルヴァーナには体力ゲージがあって、活動限界を迎えると壊れてしばらく動けなくなります。

復活するまでの間はカルル1人で戦わなければならず、非常に厳しい展開になります。

カルル自身の性能はさほど強くないので、復活するまでの間は時間稼ぎがメインになりますね。

2人揃ってナンボのキャラです。

使ってて楽しい所

2対1による優越感

2人分のキャラを扱うので戦略も多くなるし、他のキャラでは味わえない特別感を感じます。

・飛び道具の盾にしても良い
・カルル本体とニルヴァーナで挟み込んでボコボコにしても良い
・画面外に待機させといて奇襲させても良い

ニルヴァーナ自体は壊れても復活するので、体力は実質無限です(笑)

慣れてくるとコンボからスキ消しからと、様々な場面で活躍してくれるので、非常に頼もしく強力です。

純粋に2人で戦うんだから、そりゃ強いですよね(笑)

お手軽ガー不連携

敵をカルルとニルヴァーナで挟み込む事で、カンタンにガード不可能な連携を使うことが出来ます(笑)

姉さんを使った連携のバリエーションも多く、ガード困難なパターンも沢山あるので、一度ハメてしまえばそのまま決着がつくこともあるほどエグいです。

しかもカンタンすぎる…

姉さんの体力が尽きるまで永遠と続く連携は、対戦者のメンタルを削りとり、精神的にも追い込みます(笑)

相手を固め殺す怒涛の攻撃

前述したように一度ハマると中々抜けられない連携攻撃が魅力です。

その真価は相手がガード出来ない部分にあらず、どこで終わるか分からない怒涛のラッシュにあります。

2つのキャラを別々に動かす事で互いのスキを消しあい、息もつかせない連続攻撃で相手をガードさせたまま固めます。

からのガード崩し。

やられた相手は、たまったもんじゃないだろうなと思います(笑)

使ってて辛い所

指がつりそうになる

コマンド自体は難しくないんですが、ボタンキープが辛いのなんの。

ほぼ常時ニルヴァーナを動かすので、1つのボタンをホールドしながら戦うのがキツイ…

慣れるまでの時間が結構掛かりますが、慣れたらそこそこ扱えるようになるので、そこまで頑張りましょう。

アケコンは必須レベルです(笑)

カルル本体の能力が低い

ニルヴァーナが壊れた時や、敵に攻められてる時の切り返しが難しく、守りに弱いのが弱点。

基本コンボにも姉さんの存在が必要不可欠なので、1人だとコンボすら危うい。

1人で戦う時は逃げ回ったり、時間を稼ぐコンボをして、ニルヴァーナの回復を待つ形になります。

流石に本体まで強かったらとんでもないクソキャラなので、そこは許してあげましょう。

防御面が脆い

前述したようにカルル自身の防衛力の低さが仇となり、攻められるとかなりキツイです。

カルル本体がガードしてる最中はニルヴァーナも行動出来ないので、切り返しには使えません。

また姉さん自身にも攻撃が当たる為、盾にしすぎると直ぐにぶっ壊れて大ピンチが訪れます。

攻めに滅法強い分、守りはスカスカなのでプレイヤースキルでカバーしましょう(笑)

まとめ!

・姉さんを絡めた怒涛の連携攻撃が非常に強力
・2キャラ使える分の優位性が高いが、扱うのが難しい
・守りに弱く、攻められると厳しい

使ってみての感想

挟み込んでからの固めがえげつないほど強力で、使ってて楽しいキャラです。

例えガードされてても攻めっ気をガンガン出して攻撃出来るので、強引に押し殺す事も可能なのが好きです(笑)

アドリブで訳分からん連携を使う事も多く、一旦慣れてしまえば割と自由に戦えるキャラですね。

ちゃんと動かせるまでに何ヶ月も掛かりましたが、それに見合う強さを持ち合わせてるので気になった方は使ってみても良いかも知れませんね。

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。