sytus2のコツは親指!エンディングを迎えたので難しいと感じてる人にアドバイス!

気がつけば、ちょこちょこと遊んでいたサイタス2も初期キャラ全員がレベルMAX。

ここまで遊ぶと、晴れてエンディングを迎えてオープニング曲と絵が変化します。

 

いやー(笑)

 

なんだかんだあっという間に終わってしまった、と言う感じですね。

 

 

最初こそ見るのもやっとだったと言うのに、いつの間にやら指が勝手に動く動く(笑)

 

最高難易度のカオスも、何とかBランクでクリア出来るように成長しました!

 

 

ゲームとは言え自分の成長を確かに感じる事は、非常に有意義だと僕は思ってます(笑)

 

出来なかった事が出来るようになる経験は、あればあるほど自分の自信に繋がります。

 

それが例えゲームであっても例外ではなく、自己効力感の向上に効果があります。

 

 

だからと言ってゲームばかりやってては、駄目ですけどね(笑)

 

 

僕は”頭の整理”も兼ねて、ゲームに目的をつけてプレイするように心掛けてます。

 

何のために遊ぶのか?

 

 

ココをハッキリさせると、ゲームだろうが何だろうが無駄なことは無くなります。

 

僕がサイタス2を遊ぶ目的がこちらです。

  • ゲームに神経を集中させて頭のノイズを遮断させる→頭の中のリセット
  • 気分転換やテンションを上げる→気分の向上
  • 集中力のトレーニング→フローの体現

一応言いますが、屁理屈じゃないですからね(笑)

 

せっかくゲームで遊ぶなら、生産的に楽しく遊びたいじゃないですか(笑)

 

 

話が逸れてしまったので、本題に戻ります。

 

最高峰のスマホ音ゲーとして君臨しているサイタスですが、実は使う指は”親指”だけなんです!

 

 

想像して下さい。

 

今、アナタが持ってるスマホを横向きにして両手で持って、親指でタッチするだけです。

 

全ての難易度の曲が”親指のみで”クリアできるんです!

 

 

頑張れば音ゲー超人じゃなくても、クリアする事が可能なところがポイントです。

 

ホントに気持ちいいくらい、使うのが親指だけなんですよ(笑)

  • タップ
  • ホールド
  • フリック
  • スライド

様々なアクションが必要とされますが、全て操作可能な気持ちいい配置なので、なんとか捌けます。

 

ホントに気持ちいいんです!(笑)

 

「あぁーそこそこ!(笑)」

 

みたいな感覚になります(笑)

 

 

とは言いつつも、慣れてない方には難しく感じてしまうかもしれません。

 

せっかく面白そうと思って買ったのに挫折してしまった、そこのアナタ!

 

「自分には最高難易度なんて無縁だ」

 

なんて思って、チャレンジすらしていないのなら勿体ないです。

 

 

アナタならきっと出来ます。

 

この記事を見てるって事は、頑張って挑戦したいと思ってるからですよね?

 

だったら諦めるにはまだ早いです。

 

 

僕と一緒にもう一度だけ遊んで見ませんか?

 

頭が空っぽになって、指だけが自然と動くような、超集中モードを味わいたくないですか?

 

絶対アナタなら出来る!

 

だって僕でも出来たんですもん(笑)

 

 

この記事を最後まで見れば、確実にアナタの音ゲースキルが上達します。

 

少なからず、この記事を見る前よりもわ音ゲーが楽しく感じると思うので期待して見てみて下さい(笑)

 

1.ノーツの大きさを小さくする

サイタスに限ったことではありませんが、ノーツ(アイコン)が重なってると、余計に難しく感じてしまうはずです。

 

難易度が上がれば上がるほど、ノーツの数が増えてキチガイじみて見えます(笑)

 

 

カオスになってくると、ほぼ重なってて何が何だか分からない状態です。

 

これではやる気も削がれてしまいます。

 

 

そこで僕から提案です!

 

「ノーツの大きさを1番小さくしてみましょう」

 

 

何の意味があるかと言うと、重なってたノーツが見やすくなることで”どんな配置か理解出来る”効果があります。

 

カンタンに言うと「指は追いつかないけど何となく押し方は分かる」と言う状態まで持っていけます。

 

 

自分の中で”出来るかもしれない”と言う感覚を持てれば100点満点です。

 

人間の心理はチャレンジに成功の可能性を感じると、モチベーションがグッと上がる様になってます。

 

 

今までの人生を思い返して下さい。

 

何回も挑戦して出来なかった事が一回でも成功すると、次から普通に出来るようになりますよね。

 

あんな感じです。

 

 

まずは”成功のビジョンを持つ”事が重要です。

 

音ゲー初心者の人は、怖気づいて最高難易度を敬遠しがちですが、それは間違いです。

 

何回か挑戦してみて”自分がクリアする姿を想像”出来なければ、成長する事はないでしょう。

 

 

指が追いつかないなんて当然です。

 

僕だってまだまだ追いつかないし、たまに指吊ります(笑)

 

 

“目で追う”事が出来れば、そのうち指は動くようになります。

 

まずは指よりも目を慣らしてあげて、イメージを掴みましょう。

 

2.人差し指と小指でスマホを挟む様に固定する

ノーツが追える様になったら次は持ち方です。

 

如何にしてスマホを安定させて、親指の可動域を広げるかが鍵です。

 

こんな事を本気で考えてる僕って凄いなぁ、とたまに思います(笑)

 

 

ちなみに音ゲーガチ勢の人は、よく床に滑り止め敷いて、スマホを固定しながらやってると聞きます。

 

「いやぁ~(笑)だったらコンシューマーやるがな(笑)」

 

僕はこう思ってるので、床に置くやり方は推奨しません。

 

だって遊ぶところが限られちゃうじゃないですか(笑)

 

 

僕がサイタス2をプレイする場所は、主に電車とイスに座ってる時です。

 

どちらも床には到底置けません。

 

アナタだって遊ぶ為に、わざわざスマホを床に置くのは嫌だと思います(笑)

 

 

そこでオススメしてる持ち方がこちらです。

スマホが撮れなかったので、エアコンのリモコンで代用しました(笑)

 

この持ち方の利点は”親指の自由が利く”所です。

 

自由が利くと言う事は、動かしやすいと言うことでもあります。

 

音ゲーをクリアするには、使う指を出来るだけフリーな状態にさせる必要があります。

 

平たく言えば”リラックス”ってやつです。

 

 

力が入ると指の動きが硬くなって、上手いことボタンが押せません。

 

そうなるともちろん反応も遅くなり、結果的にクリアには届かなくなります。

 

 

中指と薬指でスマホの下を支えてるので、安定感もバツグンで操作しやすいはずです。

持ち方は人それぞれですが”親指の動かしやすい持ち方”がベストだと思います。

 

 

いろいろ研究して頂ければ、きっと自分に合った持ち方が見つかると筈です。

 

ちなみになんで持ち方にこだわるかと言うと”軽視されがちな部分”だからです。

 

多くの人がクリアできない理由を、テクニックが無いとか、センスが無いとか言うんです。

 

 

でもちょっと待って下さい。

 

ホントに理由はそこなんでしょうか?

 

実力があるのにクリアできない、ってパターンを考えたことはありませんか?

 

実はちょっとした工夫で、すんなりクリア出来ちゃう事もあるんですよ(笑)

 

 

やり方を少し変えるだけでも、効果はあると思うので色々試してみるのもアリでしょう。

 

アナタのやり方が絶対ではないと思うので、限界決めずに果敢にチャレンジする事をオススメします。

 

3.ノーツを押したら直ぐに離して、なるべく画面の外に指を置く

音ゲーは押したら終わりではありません。

 

むしろ押した後の方が重要と言っても、過言ではありません。

 

ボケっと指を置いてないで、バウンドさせるように指を運びましょう。

 

 

コツとして操作は常に”軽く”行い、指でリズムを刻むイメージです。

 

たまに足とか首とかでリズムを取る人がいますが、それの指バージョンだと思っててください。

 

トントントントンって感じです(笑)

 

 

自分でリズムを作り出すことで、体が反応しやすくなります。

 

 

次から次へと出現するノーツに対して、反応するには目視で確認するほかありません。

 

と言う事は、なるべく画面が指で隠れないようにする必要があります。

 

となると必然的に、指を画面の外に置く習慣を身に着けなければなりません。

 

 

シンプルに言うと”使わないときは画面外”という意識を持つだけでオーケーです。

 

画面上においてスタンバってると、いざノーツが出てきたときに邪魔で見えません(笑)

 

ビビらずに思い切って、親指をどかしましょう(笑)

 

 

コツとしては”親指の定位置”をある程度決めておくと良いでしょう。

 

「押したらココに戻す!」

 

 

というイメージを持っとくと、スムーズに運べると思います。

 

最後に

各キャラのお気に入りの曲を紹介して終わりたいと思います。

PAFF Gravity

力強いサビと美しいメロディが、気分を最高にハイにしてくれるお気に入りの曲です(笑)

楽曲の難易度がそこまで高くないのもポイントです。

NEKO Keep it up

曲の中盤で超絶スピードupする部分があり、そこがヤバいくらいテンション上がります(笑)

始めて音ゲーで頭の中が真っ白になるほど、集中力を高めてくれた思い出の曲です。

スキマ時間にこの曲をプレイするのがマイブームです(笑)

ROBO_Head Restriction

似たような曲調が多く、甲乙つけがたい中からのエントリー。

激しく響く重低音に、思わず笑みがこぼれるほど気持ちいい曲です。

サイタスはお手頃価格で楽しめる音ゲーなので、是非とも遊んでみて下さい。

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。