500円でもゲームを楽しく遊べることを証明するブログ

ゲームが苦手だけど遊びたいッ!苦手を克服するためのシンプルな方法とは

そもそもゲームが苦手って人はそんなに居ないってことを伝えたい。

ゲームの定義は”遊び”であり、難しく考える必要なんてないんです。上手かろうが下手だろうが楽しければ正義であり、他の誰にとやかく言われる筋合いはありません。

こうゆう

遊ぶのが苦手な人って少ないですよね

世間のイメージのせいでゲームという存在が、どこか難しいモノになりつつあります。どんどんマニアックになって敷居は高くなり、ネットの勢力が勢いを増してる感は否めません。

そうして新しくゲームを始めてみようと考えてる”あなた”を怖気させるんです。

こうゆう

そんなのおかしいと思いませんか?

ゲームは苦手な人でも楽しめるよう

ゲームが苦手な人は”何が苦手”なのか自分で把握してない人だと思うんです。上手く出来ないからゲーム全般がダメですと考えてませんか?

こうゆう

それはホントに勿体ないことです

お酒が苦手だから何にも飲めないって言ってるようなモンですよ。例えが下手すぎてちょっと恥ずかしいですけど…

お酒だってフルーティで爽やかなモノだったり、甘くてジュースみたいなモノだったり様々な味が存在してます。ホントに苦手なら良いんですけど、色々試してみれば美味しく飲めるモノがあるかもしれません。

苦手だからやらないは可能性を1つ無駄にする

もしかしたらめちゃくちゃ好みのゲームが見つかるかもしれないのに…今回はゲームが苦手な人こそが見る記事です。遊んでいて少しでも楽しいと思えるのであれば、苦手意識だけで諦めるなんて絶対に辞めて欲しい。

漠然とした苦手意識を取り払い、ゲームを楽しんでほしい

そのためにどうすればいいのか。今回は持てる知識と経験をフルに生かしてサポートさせて頂きます。

これは僕のエゴです(笑)多くの人に楽しんでもらいたいという身勝手なエゴです。

でも世の中は広いから居るんですよ。苦手だけどゲームを遊んでみたいって思う人。その人はゲームがめちゃくちゃ苦手で、一番カンタンな難易度でも苦戦してます。それでもやってみたいと全力で向き合ってます。

たぶん他の人から見れば気づかないレベルの悩みです。ゲーム攻略サイトでも見つからないくらい初歩の悩み。どれだけ探してもホントの初心者向けの記事は載ってない。

その人に向けて書きます。

こうゆう

一緒にゲームやりましょう(笑)

ゲームが苦手な理由を探ろう

まずはここから始めましょう。めんどくさい部分ですし、ほとんどの人がここまで真剣にゲームの事を考えてません。逆に深い部分に焦点を当てることが出来れば、必ず上達の道は見えてきます。

自分がゲームの何が苦手なのか

ここが分かれば克服したも同然。いきなり言われて困惑するかも知れませんが、ちょっと時間を取って考えてみると答えは案外出てきます。

  • ボタン操作に指が追い付かない
  • 大事な場面でテンパってしまう
  • 話についていけず置いてきぼりを食らう

人によっていろいろあると思います。僕は丁寧な操作がどうも苦手で、戦闘中に出てくるボタン入力とかがめちゃくちゃ下手です。急に画面に出てくると焦って間違ちゃうんですよね(笑)

ちょっと話を変えてクイズを出題します。

誰もがカンタンに遊べるゲームってなんだと思います?

よーく考えてみてください。誰でもやったことあるゲームです。

それは。

 

じゃんけんです!(笑)

  • グー
  • チョキ
  • パー

3種類のポーズだけでカンタンに遊べますよね(笑)

これならだれでも遊べますし、難しいと感じる人はどこにも居ないと思います。少なからず”遊ぶ”という行為に関しては、敷居の高さなんて微塵も感じないですよね。

 

しかし、テレビゲームになると話が変わるのはなぜでしょう?

そんなもんじゃんけんよりも複雑だからに決まってんだろ(笑)!

とか言われそうですね。おっしゃるとおり。

テレビゲームは複雑なんです。

いくらカンタンなゲームでも様々な要素が重なり合えば、複雑な仕組みの遊びとなります。苦手というか上手く出来なくて当然なんです。

ゲームには複数の要素が存在する

AとBを使うだけのゲームならだれでも遊べます。ミニゲームの類で画面に合わせてボタンを押すだけならば、誰でもカンタンに遊べるはずです。

ここに十字キーによる”移動の概念”が追加されるとどうでしょうか?

距離感や間合いによる駆け引きが生まれます

こうゆう

ほら、もう一気に難しくなった(笑)

ゲームが苦手な人ほど一つ一つの動きに真剣に取り組みます。

それではダメです。何か一つでも欠けてる部分がネックになり、全体として視た時にぎこちない動きになってしまうからです。全体行進の時に腕の動きに注意しすぎて、腕と足が一緒に出ちゃうような感じ。

全てが調和しないとゲームは上手く遊べません、

ゲームの要素を分解して苦手な部分を取り出す

  • RPGで次にどこに行けばいいか分からない→ストーリーの流れの把握が苦手or推理が苦手
  • アクションゲームですぐに敵にやられてしまう→操作が苦手or敵の分析が苦手
  • 格闘ゲームで勝てない→操作が苦手or心理戦が苦手
  • カードゲームで勝てない→ルールを覚えるのが苦手orデッキ構築が苦手or戦略を立てるのが苦手

なんとなく自分の苦手な部分が見つかったら行動に移します。何が苦手なのか分かれば、改善の余地は見えてくるはずです。

  • 苦手な部分を含まないゲームに変える
  • 苦手な部分だけに集中して練習して克服する
  • 苦手の部分は攻略サイトやプレイ動画で補う

とかとかいくらでも方法はあります。

苦手=自分が理解できてない

自分の中でイメージできないから苦手だと思うんです。まずは苦手な部分を抜き出して、それだけをイメージする。こうすれば出来るかもと想像して、成功の姿を頭に思い浮かべる。

最初はイメージが全てです。

出来るだけ要素を細分化して感覚を掴む

例えばスーパーマリオで穴に落ちてすぐに死んでしまう人が居たとします。

穴に落ちる原因の多くは”マリオと穴の距離感”です。ジャンプした時の距離感が掴めれば、穴に落ちることなく飛び越えることが出来そうです。

まずは、何もないところでキャラを動かしてイメトレします。この場合は”穴に落ちないため”だけの練習をすればいいんです。それだけをしましょう。何もないところでジャンプしまくって、距離感を覚えることだけを繰り返しましょう。

こうゆう

何もない平地でマリオがどれだけジャンプ出来るか頭に叩き込む!(笑)

そうすれば頭の中でキャラがどれだけ飛べるのかイメージできるようになります。

そしたら本番です。

自分のイメージとすり合わせながらジャンプしてみましょう。アッサリ飛び越えられますから(笑)

操作が苦手ならまずはやってみる

苦手な部分が分からない方。漠然とゲームは苦手だと嘆き苦しんでいる方。楽しいけど上手く出来ないから辞めようと思ってる人に一つだけアドバイスを送ります。

まずは遊んでみましょう

どこかで必ず苦戦するはず。それが”あなた”の苦手な部分です。具体的に教えていただければ力になることが出来ますが、苦手な部分は人によって千差万別。誰でも当てはまる助言は早々ありません。

苦手を分解して理解することで、動きがイメージがしやすくなります。何回も繰り返すと他のゲームでも応用できるくらいイメージの幅が広がります。こうなった状態がゲーマーなんです。

ゲーマーは遊んだことがないゲームでも経験からイメージできるんです

こうゆう

説明書とか基本的に読みません(笑)

ここまでくれば、遊びながらゲームの内容やルールが把握できるようになります。ゲーマーがすごいスピードでクリアできる理由がコレです。

ゲームが苦手だと悩む必要はない

”ゲームが上手くイメージ出来てないだけ”なんです。

コツを掴んだ瞬間、今までが嘘だったようにカンタンに遊べるようになった経験ありませんか?

これは頭の中でイメージができるようになったからです。

頭の中で想像できないモノが現実で出来るようになることは稀です。まずは遊んでみる。

苦手を特定したら、理解できるまでイメージを繰り返す。イメージ出来たらもう一度チャレンジする。出来なきゃまたイメージする。コレの繰り返し。

ゲームが苦手でも遊びたい人に贈る言葉

こうゆう

苦手で嫌いならやなくてもOK!(笑)

楽しく遊ぶからこそのゲームであり、無理して遊んでも楽しくないですよ。僕の理想は”あなたが楽しく”遊んでくれることです。じゃなきゃこんな記事書きません(笑)

ゲームをやりたいけど苦手意識が邪魔してるそこのあなた

こうゆう

はよコッチ来い!(笑)

ゲーマーなんてならなくていいから、自分のやってみたいゲームを楽しめるくらい上手くなってくれぃぃっ!ゲームは苦手だからと生涯に渡って思い続けるなんて辛いだけです。その苦しみがずっっと続くんですよ。

ゲームは時間を無駄にするのかもしれない。けど、一生懸命練習してクリアした経験は100%無駄ではないから。

こうゆう

だから頑張って楽しんじゃってください(笑)

by にわかゲーマーこうゆう

手始めにスマホゲームで慣らすのもアリ?

いきなり家庭用ゲーム機を買うのはハードルが高すぎる…

高いお金を払って遊ぶのは厳しいと思うので、最初は無料で遊べるスマホゲームで慣らすと良いでしょう。年々スマホで遊べるゲームの敷居は低くなり、クオリティも驚くほど高くなってます。家庭用が少し霞んで見えるほどです。

基本無料なのでお金を払う訳でもなく、あなたの記念すべき初めの一歩となる”きっかけ”になればと思います。とは言っても数あるスマホゲームの中から選ぶのは大変だと思うので、いくつかゲームが苦手な人が特訓出来そうなゲームをピックアップします。

幻獣契約クリプトラクト

クリプトラクト

ゲームシステム周りの作り込みがしっかりしてて遊びごたえ満載。 ←の魔女がカワイイ(笑)

王道のターン性RPGであり、多くのゲームと通じる部分のあるゲーム。家庭用の多くのゲームと共通してるシステムなので、ここで慣れておけば他のゲームでも安心して遊べると思います。

  • デザイン
  • ストーリー
  • ゲームシステム

5周年&1200万ダウンロード突破の実績も(笑)

声優にも力が入っており、アニメを普段見ない人でも聞いたことがあるレベルの超有名人もかなり出演してます。めちゃくちゃ贅沢なゲームなので、これを無料で遊んでいいのかと申し訳なくなっちゃいました(笑)

全てのバランスが良くて遊びやすいゲームであり、RPGに慣れてない初心者にもオススメです。ドラクエやFFといった超名作にも通じる戦闘システムなので、練習がてら触るのもアリかも。

iPhoneの方はこちらから無料ダウンロード

androidの方はこちらから無料ダウンロード

ミトラスフィア

ミトラスフィア

可愛いデザインで取っつきやすい印象を受けるRPG。共闘に力を入れてるので得意な人と一緒に遊ぶことも可能

ポップなデザインでゲームに苦手意識を持つ人も触りやすい印象を受けるゲーム。隊列やスキル組み合わせなど、基本的な部分も抑えてるので入門編として大いに貢献してくれるかも。

更に”共闘”に力を入れていて、一緒に戦う協力プレイがかなりアツい。積極的に誰かと遊べる人であれば、これほど適任のゲームは他にないと思うほどギルドやボスバトルに重きを置いてます。

協力プレイは多くのゲームで採用されてるので、苦手意識を克服したい人も遊んでみると良いかもしれません。慣れてくると自分だけでは味わえない達成感も感じれますし(笑)

シナリオも王道的で惹き込まれるので、オススメ出来るゲームです。軽く誰かと遊んでみたい人であれば迷うことなく楽しめる作品だと思います。

iPhoneの方はこちらから無料ダウンロード

androidの方はこちらから無料ダウンロード

グランドサマナーズ

ドット絵という古き良きデザインで超王道をひた走る人気ゲーム。個人的にドット絵が好きなのでかなり好み。スーパーファミコンの名作を思い出させる懐かしいキャラクターは、見てるだけでも癒されます。

今ではレトロゲームと揶揄されてしまいますが、ドット全盛期はホントに敵も味方もカッコよくて、懸命に倒したボスですら名残惜しさを感じてました。

グランドサマナーズはちょっと昔っぽい作りなので、システム面も小難しくなくて触りやすい。ユニット、ボス、背景の3拍子の迫力あるデザインはかなり魅力的に思えました。

シンプルで今っぽくないゲームが好きなら今すぐにでも遊んで欲しいゲームです。まぁ飽きたらアンインストールして最新スマホゲームに鞍替えしちゃえば良いと思うので、ぽちっとダウンロードがオススメですね(笑)

iPhoneの方はこちらから無料ダウンロード

androidの方はこちらから無料ダウンロード

ラストクラウディア


先ほどのグランドサマナーズ同様にドット絵RPGのゲーム。特質すべきは”やれることの多さ”でありボリュームがハンパじゃない。ゲームに慣れてきたころに触ってもらえば、今作がどれだけ魅力的なゲームかわかる事になるでしょう。

ストアのレビューを見ると恐ろしいほど今作を愛する方のコメントが多く寄せられていて、改めて今作の魅力が僕以外の人にも伝わっていると感動しました。勝手に引用するのも気が引けるので、気になる方は後で見に行って下さい(笑)

ゲームが苦手な人がラストクラウディアから習うことは”マニュアル操作のアクション”です。他のスマホゲームと違いオートの他に自分でキャラを動かすモードがあるんですが、これがかなり面白い。

オートでは100%繋がらないコンボでも、自分で操作することよって長い超火力コンボを作り上げることが出来るんです。自分で操作することに慣れておかないと、他のゲームを遊んだ時に上手くキャラクターを操れない危険性が出てきます。

ラストクラウディアは無料かつ楽しみながら”キャラを操作する”面白さを再認識できるゲームなんです。ただし、その操作が出来るようになるのが中盤くらいなので、ちょっと辛抱が必要です(笑)

iPhoneの方はこちらから無料ダウンロード

androidの方はこちらから無料ダウンロード

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。