500円でもゲームを楽しく遊べることを証明するブログ

improを使えば自作ゲームが作れる!?ゲーム系イラスト販売サイトを使った感想

「自作ゲームを作ってみたい!!(笑)」

心の奥底で抑えてた感情が、何かのきっかけを境にして爆発することありますよね?(笑)

とは言ったものの、ゲームを作るのはカンタンには行きません…

  • プログラムを覚える
  • イラストや音楽を揃える
  • ストーリーやキャラ構成、セリフも考える

「こりゃ、ちゃんとしたゲームを作るのはムリだ(笑)」

働きつつ、ブログを書きつつ、時間のかかることを平行して行うのは至難の業。

まぁやろうとすればイケるのかもしれませんが、僕にそんな体力はありません…

「頼んだぞ…未来のクリエイター達よ…(笑)」

 

志しなかば、挑戦を断念しようとしてましたが、とあるサイトを見つけたんです。

それが”impro(インプロ)”というサイト。

↑コレです(笑)

 

イラスト販売サイトimproとはなんぞや?

カンタンに言うとゲームイラストの有料販売サイト。

1体一律199円(税抜き)のお金を払えば、自由に使っていいよ~という感じ。

著作権と商標権は合同会社MAZIMAX ENTERTAINMENTに帰属します。

「制作物に使うのは良いけど、キャラの権利は会社が持ってるから勝手にキャラ単体でグッズ化するなよ~」

っと思っていただければOK!

運命に導かれるように、僕はたまたま見つけてしまったのです(笑)

可愛くないですか?(笑)

 

「いやいや、無料でそんなのいくらでもあるやんけ(笑)」

そうです、その通りです(笑)

探せばいくらでも見つかるんじゃないかなぁ~と思うくらい多いです。

ゲームではありませんが、”いらすとや”さんが最も有名かもしれませんね。

こんな感じのイラストです(笑)

僕は絵が死ぬほど苦手なので、ホントに世の中のクリエイター様に感謝!

 

こうゆう、何かを悟る

そこで僕は思ったわけです。

「これ…アナログゲームなら俺でも作れんじゃね?(笑)」

平たく言えば”トランプゲーム”の類なら、アイデアとデザイン次第でどうにか出来そうだと思ったんです。

あまりにも楽観的だと自分でも感じてますが、いかんせん気になるとやりたくなっちゃうんですよ~

今までは、フリー素材を見てもフルシカトを決め込んでましたが、何かが弾けました(笑)

「ちょっとだけ、ちょっとだけやってみよう(笑)」

早速ダウンロードに向かう僕でした。

お金を払ってまでimpro(インプロ)にこだわる理由

不思議ですよね?(笑)

わざわざ金を払って、イラストを手に入れるなんて。

でも、何をするにも理由があるんですよ。

僕が感じたメリットをいくつか紹介したいと思います。

①画像が好み

シンプルにコレ(笑)

固すぎず柔らかすぎず、アナログゲームにありそうなデザインに心打たれました。

なんというか”ゲームっぽさ”を強く感じたんです。

「この素材でゲーム作りたいなぁ」

明らかに偏った意見ですが、僕の好みに合ってたのが大きな理由の一つ。

別に萌えキャラとか、カッコいいイケメンキャラじゃなくてもいいのかなって。

人によって好き嫌いがあると思うので、そこは大きな判断材料になると思います。

可愛くないですか、コレ(笑)

②高解像度で印刷も安心

いざ、ゲームを作ろうとしたときに画像が荒いとゲキ萎えすると思います(笑)

そうなるのが嫌だったので、解像度が高くてクオリティの高い素材にしたかったんです。

実際に印刷するとこんな感じ。

ええやん!(笑)

これなら文句なしにゲームカード化出来そうだと、かなり安心しました。

しかし!

「家にプリンターがない(笑)」

そこでコンビニを使って、はがきサイズにプリントアウト!

「デカいけどまぁ良いだろう…」

やってみるとこんな感じ。

がっつりハガキです(笑)

本格的に遊ぶならトランプサイズが必須ですが、練習だから良しとしましょう(笑)

ちなみにセブンイレブンでカラーコピー1枚60円なり!

「安い!(笑)」

③ロイヤリティーフリー

カンタンに言えば商標化して収益が発生しても、お金を請求しませんよって話です。

一応ね!一応!(笑)

この先、何か作るかもしれないし!(笑)

フリー素材の中には「収益化はしちゃダメですよ」ってものも多く、オススメのポイントとして挙げました。

ゆくゆくは販売したいと考えてる人にとっては、生命線のような部分なので良く確認しとくように!

improの特徴まとめ!

  1. 意外と安く済む(1体199円)
  2. 高解像度なのでキレイ
  3. ロイヤリティフリー
  4. 画像がカワイイ(笑)(好みによる)

使い方次第ではカンタンにボードゲームは作れるし、自分の好きなゲームを生み出せます。

絶対面白いと思いませんか?(笑)

僕は想像しただけでワクワクするし、友達とわちゃわちゃしながら遊びたい。

いままでネックだったイラストは意外と安く手に入るし、カラープリントもコンビニで出来た。

もう僕に障害はない。

今度ゆっくりと自作ゲームを楽しもうかな(笑)

5 Comments

mid waisted

… [Trackback]

[…] Find More here|Find More|Find More Infos here|There you can find 97488 additional Infos|Infos on that Topic: 1coingame.info/analog/impro/ […]

返信する
GVK BIO

… [Trackback]

[…] Find More on|Find More|Find More Informations here|There you will find 7819 additional Informations|Infos to that Topic: 1coingame.info/analog/impro/ […]

返信する

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。