500円でもゲームを楽しく遊べることを証明するブログ

難易度でゲームを語るではなく、面白さでゲームを語ろうよ

簡単とか難しいとかでゲームを片付けるのはちょっと悲し過ぎて…

あんまりゲームに対するオピニオン系(自己主張系)の記事は好きではないけど、モヤモヤするので書かせて欲しい。

昨今のゲーム業界はなんだか”ゲーマー”に焦点を合わせたモノが多く、玄人受けする様なゲーム性が主流だと思う。

データもクソもないので根拠はないけど、ゲームが好きで遊んでる人なら、なんとなーく伝わると思う。

買わない人よか買う人に。

たしかに的を得た方針というか、業界全体の流れがあるのは一理ある。

当たり外れの多い”ゲーム”という商品を扱う以上、少しでも売り上げを伸ばさなければ、この世界に次は無い。

叩かれようが何だろうが、一定の販売数を超えない限り次は無い。

っと思う(笑)

 

根拠はない。

ゲーム関係の仕事をしたわけでも無いし、何かしらのソースがある訳でもない。

信憑性は僕自身にしか存在しない、だからオピニオン系の記事は苦手なんですよねー(笑)

あくまで想像や妄想の話。

真実なのか偽りなのかも分からないし、なにかを決めつける気もありません。

なので不快だと思った方は、いち早く離脱して時間を有効活用して欲しい。

さて、ここからが本題。

僕が最近疑問に思ってる事をお話しします。

「難し過ぎてつまらない」と「カンタン過ぎてつまらない」

滝の様にゲームがリリースされる現在ならではのクレームなのか、難易度絡みの悩みをちやほら聞きます。

気持ちは分かります。

難しいゲームで何百回と死にまくれば、ストレスマッハで今にも禿げそうになる。

カンタンなゲームで遊んだ所で、生まれる達成感は雀の涙。

あなたもこんな経験をしてるのではないでしょうか?

ちょうどいい難易度は案外見つからないものである。

難易度でゲームを語るな

ここからは賛否両論のこうゆう持論コーナーです(笑)

僕が思うにゲームの難易度は”調味料”だと思うんです。

物足りない料理に一手間掛けて、旨味を倍増させてくれるマジックアイテム。

逆に言えば。

どんなに高級な料理でも、なにふり構わず醤油をぶち撒ければ、全てをかき消し醤油が勝ちますよね(笑)

だし巻き卵に醤油をバシャバシャ掛けても、しょっぱいだけだと思う。

酔っ払ってたまにやっちゃうけど、正直美味しくない。

 

ゲーム性と言う”食材”の話をしないで、難易度という”調味料”の話でゲームを語るのは、個人的にはオススメしない。

そもそも好きなゲームに難易度は関係ない

自分がめちゃくちゃハマれば、難易度なんてそこまで気にならないって感じしません?

  • 「このゲーム難しいから好きなんだよね〜」
  • 「このゲーム簡単だから好きなんだよね〜」

あんまりそう言う人居ないですよね。

僕の超絶妄想持論をハッキリ申し上げるとこうなります。

「難易度だけでゲームを語る人は、そのゲームの事をそんなに好きではない」

やべっ。

炎上系のセリフを言ってしまった…(笑)

なんまいだー。

 

あくまで難易度はアクセントに過ぎず、それだけを語るのはなんだか違うと思う。

好きになった部分はもっと深い部分のはず。

我を忘れてゲームに没頭できるなら、難易度は自分で変えれるはず。

難しいなら練習しまくって上手くなれば良いし、カンタン過ぎるなら自分で”縛り”(本来できる行動を禁止する)でも設ければいい。

言わば難易度は、製作者がくれたルールみたいなものであり、全てではない。

ゲーマーって言うのは自分でルールを作り出し、心から楽しめる粋な人間だと思う。

それでも難易度が気になるのは何故か?

コレも持論なのでムカつかせたら、ごめんなさい…

難易度についてバッシングしてしまうのは、正当化の理由にしてるから。

自分じゃなくてゲームが悪い

自分が下手な訳ではなく、ゲームが難しすぎるのが悪いと思う事で、自分の優位性を保てるんじゃないかなと。

無論、ゲームをより楽しく改善して欲しいと願う人の思うそれではありません。

見てればその差くらい分かります(笑)

そこには文句ではなく”愛”があります。

重みが違います。

 

自分にたまたまハマらないだけなのに、自己防衛の為に難易度を理由にして逃げる。

いやー違うでしょ(笑)

わざわざ批判する事なんて無くて、自分と合わないから離れるで良いと思う。

やたらめったら攻撃するのも疲れると思うんですよね〜

人それぞれ感じ方は違う。

  • その時の感情
  • 培ってきた感覚
  • 周囲の人間との関係性

ちょっとした事で、楽しいと難しいのバランスは崩れ、言ってることが矛盾するなんて良くあることですよね。

僕なんかホントにそうです(笑)

昨日と今日で言ってることが真逆なんて日常茶飯事。

ブロガーとしては致命的なんですけどねぇ〜(笑)

なんとなく楽しそうを大切に

抽象的でふわふわした”なんとなく”って感覚、それを大切に持ってて欲しい。

難しそうとかヌルそうとか置いといて、面白そうだなぁ〜っという自分の直感を大切にして欲しい。

難易度は二の次だと思う。

「クリア出来なきゃつまらないだろ!」

そう思われる方も多いかもしれませんが、それはそこまでの実力だったって話。

クリア出来るまでハマれれば、いつのまにか上達するので、結局は時間の問題。

1番大切なのは”楽しい”って感情なんじゃないかなって。

難し過ぎて無理ならそれで良いじゃないですか。

僕なんか高難易度で詰んだゲームが、エッフェル塔くらいの高さまで積まれてますよ(笑)

でも。

夢中になれたゲームはクリアまで頑張れました。

結局はそう言うことなんじゃないかなって。

楽しければ難易度はさほど問題ではなく、アクセントになってくれる。

だから自分の直感を信じて、なんとなく面白そうならチャレンジしよう。

難易度じゃなくて、面白さでゲームを語ろう。

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。