店で投げ売りされてる500円以下のゲームはホントに面白いの?

クエスチョンマーク

今まで数々のゲームが世に放たれ、世の中はゲームだらけと言っても過言ではないでしょう。

最近では手元に形が残らないダウンロード版の普及や、スマホゲームも膨大な数リリースされて、お店に行かなくても簡単に手に入れる事ができます。

そんな時代の流れに取り残されたかのように、ブックオフやハードオフにひっそりと大量に置かれてる100円〜500円のゲームは果たして面白いのかと言う疑問が僕の中に芽生えました。

いつになってもスペースを独占していて売れる気配の全く無いようなあのゲーム達がもしも面白かったとしたら…

そんな勿体無いことってない(笑)

っと思いましたので、考察と遊んでみての個人的な感想を話したいと思います。

そもそも何であんなに安いの?

通常のゲームならば新品にして5000円〜6000円は軽くする様な値段に対し、どうしてそんな安くなったんだよって所から考えたいと思います。

「つまらないから売れなくて安くなったんでしょ?」

こう考える人が非常に多いですが、少しだけ合ってて殆ど間違いだと僕は思ってます。

安いものなら質が悪い、っと考えるのは間違いでは無いと思います。

ですが少しだけ目線を変えて身の回りを見渡すと、案外そうでも無い事がいっぱいあります。

・100円均一に行けば意外と質が良いものが手に入ったり

・マクドナルドに行けば300円位でハンバーガーとポテトとマックシェイクのセットでお腹を満たせたり

・駄菓子屋さんに行けば100円で沢山お菓子買えたり

考え方次第では500円圏内で楽しむ事なんて腐るほどあるものです。

何故安くなっちまったんだと考えてみると、1つハッキリした理由が頭に浮かびました。

少しヒントを出す為に、安くなってるゲームタイトルを挙げます。

・モンスターハンターシリーズ
・ウイニングイレブンシリーズ
・ガンダムシリーズ

まぁ他にも沢山ありますが有名どころだとこんな感じでしょう。

別につまらないゲームでも無いし皆んなでワイワイ楽しめる面白いゲームなのに何故。

なんだか違和感を感じたりしませんでしたか?

”在庫を抱えてるゲームが値崩れする”

最初にお伝えした通り、つまらないゲームが安くなる訳ではありません。

在庫を抱えてるから安いんです。

在庫を抱える理由は沢山あって、つまらない事だけが理由ではないと思うのが僕の持論です(笑)

ではゲームがどうしても安くなってしまうメカニズムをご説明しましょう。

そもそも上に挙げたゲーム達は面白いし、人気だから在庫いっぱい抱える事なんてそんな無いと思いますよね。

しかし、それはあくまで発売されたばかりの時の話。

ゲームに飽きたら皆さんはどうしますか?

僕の場合は、また遊ぶかもしれないからと大切に保管してしまうので、ゲームが溢れてめっちゃ積まれてます(笑)

んなことはどうでも良いとして、1つの選択肢として”ゲームを売る方法”があります。

あれちょっと待てよ…

大量に発売された大人気ゲームが、皆んなが飽きたタイミングで続々と売られると何が起きるかはお察しが付きますよね。

新品で捌けた分の儲けは出ると思いますが、多くのプレイヤーが遊び尽くしたであろう名作や良作が大量に在庫として余ります(笑)

よって面白いのにも関わらず破格の値段で延々と売られてるという事になります。

あっ。

もちろんクソゲーと呼ばれるつまらない地雷的存在も沢山あるのでそれは注意してくださいね。

でも100円で楽しいゲームが沢山売ってるのになんで在庫は減らないのかしら、っと勘付く鋭い読者様もいると思いますので少しだけ補足します。

誰もが知ってる”ひと狩りいこうぜ!”で有名なモンスターハンターシリーズがいつまでも安いのは単に在庫を抱えてるだけではありません…

人気シリーズは”常に新作が出る”ので古いバージョンのゲームは、安いとはいえ誰も手を出さないので、余計に在庫を抱える事になります。

過去の名作も破格の値段で在庫処分をせざるを得なくなってしまうのです。

この様に新作が出続ける人気作品は、長い年月が経つと値段が崩壊します。

めっちゃ安い=つまらないでは無く

めっちゃ安い=何かしらの理由で在庫を抱えてる

となります!

実際に遊んでみると普通に楽しく遊べるものばかりで僕は物凄く悲しくなりました…

最近のゲームで言うと、キングダムハーツやモンハンなんかは続編が出続けるのも頷けるほど楽しく遊べる名作です!

最後に一言

こんなに安く楽しく遊べるゲームが沢山眠ってるなんてありえない!!

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。