【ダンジョンメーカー レビュー】スマホゲーの手軽さを最大限に発揮した良作

スマホゲーム…

乱立するかの如く無料のゲームが発売されては消えていく、移り変わりの激しいハードです。

ぶっちゃけどれも同じ様に見えちゃいますよね?(笑)

少なからず僕には見えます。

いつでも手軽にゲームを楽しめると言われれば聞こえはいいですが、なんだか物足りない…

 

「買い切りでも良いからしっかり遊べるスマホゲームはないのかね(笑)」

そんな事をボヤきながらアプリストアを探してると、高評価のゲームを見つけました。

グラフィックも好みだったのでとりあえず買ってみると、予想以上に面白い!

「スマホゲームもここまで楽しめる様になったのか!」

ありがちでソシャゲライクな課金ゲーとは一味違うゲームデザイン。

自分で考えて好きなように遊ぶ楽しさ。

ゲームらしいゲームだなと感じましたね。

 

今後買い切りゲームと言えば”ダンジョンメーカー”と呼ばれる予感がプンプンします(笑)

今回はゲーマーも唸る良作アプリのレビューです。

たまにはスマホも良いですよね~という和やかな気持ちで書きまーす(笑)

タイトル ダンジョンメーカー

詳細情報

  • 機種 スマホ(iPhone,Android)
  • ジャンル シミュレーションRPGっぽい
  • 購入価格 Apple Storeで360円で購入

ざっくりレビュー

ダンジョンを自分で作り上げて勇者を血祭りにあげるゲーム。

ダンジョンメーカーでは最初に数ある魔王の中から1人を選び、自分だけのダンジョンを作り上げます。

最初は制限されてますが使える魔王は少しづつアンロックされていきます。

もちろん課金での即開放も可能です。

 

ゲーム自体はタワーディフェンスっぽいゲームを想像すると近いかもしれません。

ステージを自分で選択して敵を撃退しながら、自分好みのダンジョンに成長させていきます。

ローグライクのような作りなので、毎回どのようなダンジョンを作れるかは分かりません。

ランダムで手に入るユニットを駆使して、臨機応変に最適なダンジョンを作るんです。

  • ゴリゴリの魔物を山程セットする脳筋タイプ
  • 氷、雷、火炎などの様々なトラップでハメ殺すタイプ
  • 両者をバランス良く兼ね備えた王道タイプ

慣れないうちはあっという間に魔王の場所まで侵入されて、瞬殺されます(笑)

敵は数で勝負してくるので、序盤に押し切られるとそのまま決着が着いてしまいます。

如何にして勇者の動きを制限して撃退するか。

人によって考えは異なるでしょう。

プレイした時の選択肢によっても遊び方は異なるでしょう。

遊ぶたびに毎回違った形でプレイヤーを楽しませてくれる

それがダンジョンメーカーの面白さです。

最適解は一つではなく無限に広がってるので、単純なパターンになりにくいのが嬉しいですね。

どうしてもスマホゲームって聞くと、作業ゲーのイメージが拭えなかったんですよね〜

ダンジョンメーカーは遊ぶたびに溜まってくジェムを消費する事で、永続的なパワーアップを得られるんです。

この辺はローグライク系にありがちな要素ですが、得られる恩恵がかなり大きい。

モンスターの特殊能力もランダムかつ多岐に渡ってます。

ユニットごとの能力に大きな特徴があり、異なる戦略を立てやすいからです。

  • セットしたトラップを強化して勇者の動きを制限する魔王
  • 体力の回復を駆使して直に勇者をボコボコにする魔王
  • 勇者に仲間割れを起こす状態異常を施す妖艶な魔王

最初に選んだ魔王によって、目指すべきダンジョンの形が大きく変わるのが想像できると思います。

やり込みによってアンロックされたユニット次第で、戦略の幅が大きく広がるのが魅力的ですよね〜

気長に遊んでれば少しずつ強くなるので、焦らなくてもOK。

ルールを覚えてちゃんとダンジョンを構築できる様になった頃には、それなりの要素がアンロックされてると思います。

いきなりキャラを解放しても活かせません(笑)

 

スマホゲーにしては本格的なやり込み要素が含まれてるので、かなり良作だと思いました。

ここまでのクオリティのゲームが量産されれば、もっと盛り上がると思いますが無理でしょうね(笑)

労力がかなり掛かってる印象も受けますが、値段が死ぬほど安い。

360円ですよ。

ヤバくないですか?

そこらへんのゲームでガチャ回すぐらいならダンジョンメーカー買って欲しいです(笑)

今後スマホゲームの模範になる様なゲームデザインだと思いましたね。

素直に作りこまれたゲームだと思いますし、ちゃんとオススメできます。

多くのコンシューマ派はスマホゲームを嫌ってて、犬猿の仲ですがそんな人にも触って欲しい。

僕はどちらのゲームも好きなので、両者が歩み寄れる様な作品を紹介してるつもりです。

正直どんだけ頑張ってもスマホゲーがコンシューマ機のクオリティを超えることはないと思います。

 

  • ゲーム専用機
  • 携帯電話

そりゃコンシューマの方が性能的に上ですもん(笑)

でも僕が言いたいのは優劣の話ではないんです。

どちらも長短があって共存すべき物だと思うんですよ。

どちらかが優れてて、どちらかがダメ。

そんな括りではなくて両方で面白いモノを俯瞰出来た方が、純粋にゲームという存在を楽しめると思うんです。

人それぞれの好みはあると思いますが、僕は僕なりのスタイルで突き進みます。

ダンジョンメーカーはコンシューマに近いやり込み要素が詰まってます。

是非とも多くのプレイヤーに興奮と喜びを与えて欲しいと願います。

攻略のワンポイント!

自分の作るダンジョンに強みを作ろう

最初は何が強いんだか良く分からないと思います。

ダンジョンメーカーは様々なユニットやトラップが存在してて、使ってみるまでは手ごたえを感じにくいです。

とりあえず片っ端から使ってみましょう(笑)

そしたら大体どんな性能か把握できるので、ダンジョンを構築しやすくなるはずです。

ここで重要なのが”強み”を作ることです。

自分がどんなダンジョンを作りたいかイメージして、理想の勝ちパターン考えて下さい。

  • 最強のモンスターでねじ伏せる
  • トラップでジワジワと嬲り殺す
  • 前半にトラップを仕掛けて後半にモンスターを固める混合タイプ

 

モンスターを合成して少数精鋭部隊を作ったり。

トラップを強化したり。

何かしら理想とする形を想像できれば、必ず強みという部分が出てくると思います。

今作は複数の部屋を合体させると強力な特殊改造を施せるんです。

トラップ中心のダンジョンを作りたいならそちらを上手く活用すると楽しめると思います。

【ダンジョンメーカー 攻略】改造部屋ってなんぞや?

 

仮にそれが強かろうと弱かろうとどちらでも良いんです。

あなたが考えた強みを伸ばし、勇者を一網打尽にすることから考えましょう。

そこで得たフィードバックを元に成長していけば良いんです。

最初はとことんダンジョンの長所を伸ばしましょう!

話はそれから(笑)

ダンジョンメーカーのココが面白い

やはり自分好みのダンジョン作り

きっと最強と言われる形はあるんでしょうが、自分の考えたダンジョンが1番楽しめると思います。

僕は卑しい性格なので毒や火炎トラップを入り口に仕掛けて、少しずつ弱らせるようなダンジョンが好きです(笑)

その先に落とし穴などを設置して動きを拘束してしまえば、戦わずとも体力を減らせます。

こちらのモンスターも設置できる数が有限なので戦力は温存したい…

プレイスタイルの好みは人それぞれなので、これが正解という訳ではありません。

ですがトラップ戦法が1番しっくりきたのでコレにしました(笑)

人それぞれの戦術や、その時々の運要素で変化するダンジョン作りが肝です。

ポイント!

  • スマホゲーとは思えないボリューム
  • ドット絵キャラがかわえぇ
  • 戦略の幅が広がるユニットの豊富さ
  • やればやるほど強くなる強化要素
  • 何回も遊びたくなるゲームデザイン性
  • 何と言ってもワンコイン(笑)

こうゆうさん(@kouyuu5)がシェアした投稿

プレイ感想

とうとうスマホで念願の”ゲーム”が遊べた

「スマホゲームなんて昔からあるわ!暑さでボケてんのか?」

とか思わせてたらすいません(笑)

めちゃくちゃバッシングされそうですが言わせてもらいます。

僕から言わせれば多くのスマホゲームは”娯楽”であり”ゲーム”とは言えないものが多いと思ってます。

言葉は悪いですがゲームではなくエンターテイメントですよ(笑)

スマホの限られた容量じゃ本格的なゲームなんて作れません。

ソシャゲなんてゲームと言う形をしてるだけで、実際はゲームっぽい別物だと思ってます。

こんなこと言ったら叩かれるけど(笑)

スマホで腰を据えて遊べるゲーム

ダンジョンメーカーは”ゲーム”としての当たり前の敷居を越えてました。

もちろん出先で軽〜く遊んでも良いし、どこでも空き時間で楽しめる。

「スマホでゲーム?あんなのはゲームじゃねぇ」

と言う印象をお待ちの方にもオススメしたい。

ちゃんとしたゲームもあるんだぜって声を大にして言いたい。

少しずつ。

少しずつだけどスマホゲームは進化してます。

ゲームの名に恥じない素晴らしい逸材が生まれてきてます。

何かの移植ではなく完全オリジナルの名作も最近では見受けられます。

1人のゲーマーとして僕は思います。

「ゲームに優劣はない」

合うとか合わないとかは置いといて、互いに歩み寄れる世界になると良いなぁと願います。

たかがゲーム。

されどゲーム。

ダンジョンメーカーはスマホゲームの底力を感じる名作です。

しかもワンコイン(笑)

こりゃマストバイですよ〜

まとめ!

スマホとコンシューマの架け橋を築く良作スマホゲーム

非常に面白かったです(笑)

戦略的な要素もしっかり兼ね備えてるし、やり込みのボリュームも素晴らしい。

しかもキャラがカワイイ!

少しだけでもキャラの魅力が伝わる記事を書いてみましたので、どんなキャラが居るのか気になる方はご覧ください。

【ダンジョンメーカー】数ある可愛いキャラクターの中からお気に入りを紹介!

まだまだロックされるてるけど気になるキャラが山ほどいます(笑)

グラフィックもシステムもレベルの高いゲームでしたね。

今作はエロ描写が苦手な人用に”紳士モード”という機能が実装されてます。

このモードを利用することで”敵ボイスを変化”させることが出来るので、若干せくしー要素が緩和されます(笑)

詳しくこちらから~

【ダンジョンメーカー】紳士モードの謎を追う!

ローグライクということもありリプレイ性が高いので、ついつい遊びすぎちゃう中毒性も魅力。

スマホでゲームなんて邪道だと感じてる人にオススメです。

魔王の紹介!

ここではダンジョンメーカー内で使えるカワイイ魔王について、サクッと紹介をしたいと思います。

魔王リリス

相手を魅了して仲間割れを起こす妖艶なサキュバス。

少々テクニカルな面も多いですが、使いこなせるとゾクゾクします(笑)

リリスの性能や使い方

魔王エリザベート

吸血という回復手段を用いながら戦うヴァンパイア。

シンプルに殴るだけでも強いので脳筋っぽくて僕は好きです(笑)

エリザベートの性能や使い方

魔王ターニャ

炎の状態異常である”火傷”と強力な全体バフで戦う魔王。

火傷は特化させれると倍率がスゴイのでロマンが溢れてます(笑)

ターニャの性能や使い方

魔王エマ

圧倒的なパワーで敵をねじ伏せる脳筋ミノタウロス。

怒涛のストックを貯めて一気に発動する”怒り爆発”がめっちゃ気持ちいい(笑)

エマの性能や使い方

魔王フロリア

バカみたいにモンスターを回復させる女神様。

”種”という独自のリソースを使った攻撃と味方の耐久性上昇が魅力的。

フロリアの使い方

魔王レベッカ

死に関わる能力を付与させれるアンデット系の魔王。

味方に不死の能力を付けたり、相手を爆弾化させる”死体爆発”の能力が面白い。

レベッカの使い方

魔王メリエール

鈍化と呆れをというデバフをメインにするマーメイド。

罠中心のダンジョンを得意とし、回復しながら相手を追い詰めるのが快感。

メリエールの性能や使い方

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。