【フォールアウト76】プレイヤーとは争いたくない!平和主義者モードで誤射をなくそう

「戦う気はないのに間違えてプレイヤーを撃っちゃった!!」

せまい建物で混戦状態になれば、誤射をするケースも時たまあります(笑)

僕自身も結構プレイヤーを撃ってしまう事があり、気まずい思いをしたことが…

最悪の場合は撃ち合いに発展し、望まぬPVPになってしまうことも…

生き残ることで精いっぱいなのに、無駄な消耗はしたくない。

プレイヤーをけしかけたい時もそりゃありますが、毎回ドンパチ騒ぎたいわけではないんです。

「平和に過ごしたい…」

そんな悩みを抱えるあなたに朗報です!

暴力反対の平和主義者モードとは?

ひっそり遊びたいプレイヤーが、望まぬPVPを避けるために備わっているシステムの事です。

フォールアウト76では攻撃されたプレイヤーに反撃すると、自動的にPVPモードが開始されます。

これにより血塗られた争いが起こってしまう訳です。

中には争いを好まない平和主義者もいるし、みんなが戦いたいわけではありません。

そういったバトルを防ぐために作られた、救済制度みたいなものだと思っててください。

平和主義者モードすると何が起こるの?

具体的に言うと大きく二つに分解出来ます。

  • 自分以外のプレイヤーにダメージを与えることができなくなる
  • 自分以外のプレイヤーから受けるダメージ量が減少する

こちらから攻撃出来なくなる代わりに、プレイヤーからのダメージを減らせるので妨害を受けにくくなります。

しかも、誤射のリスクをなくすことも出来るので、人によっては100%メリットにもなりえます。

素晴らしい…

ちなみに僕も平和主義者モードでプレイしておりまして、人込みでドンパチしてもダメージが通らないから安心して遊べてます(笑)

広大なフィールドに投げ出され、数少ないプレイヤーと出会うことはレアケース。

なんか協力したくなるんです。

「お前も頑張れよ」って声を掛けたくなるんです。

別に偽善ではありませんが、荒廃したマップを歩いてると孤独を感じるんです。

だからこそ、無駄に争う訳でもなく平和主義者でありたいと思ってしまうんですよね。

今すぐにもで平和主義者モードに変えたい!

フォールアウト76はプレイヤーレベルが5に到達することでPVPが始まります。

そのタイミングで平和主義者モードのオン・オフが変更可能です。

やり方は分かりにくく、ぱっと見で気付かない方も多いはず…

一つづつ丁寧に説明していきたいと思います!

マップを開きます

この画面に注目してください。

実はL1ボタンを押すことでメニューを開けるんです(笑)

あんまり知られてませんよね~

L1でメニューを開く

一番最初の画面のヤツです(笑)

「あぁ~これね(笑)」

ってなりますよね。

SETTINGSを選択する

もうここまで来たら大丈夫ですよね?

GAMEの項目から平和主義者モードを”ON”に変更します。

PVPがしたくなったら設定をOFFにする

もちろん気が変わればすぐに戻せます(笑)

物資が揃うまでは他のプレイヤーにも勝てないと思うので、しばらくは平和主義者モードで様子を見るのが賢明でしょう。

ものすごく簡単に変更できるので、とりあえず変更することをオススメします。

7 Comments

PK studies

… [Trackback]

[…] Find More here|Find More|Read More Infos here|There you will find 23001 additional Infos|Informations to that Topic: 1coingame.info/fallout76/pacifism/ […]

返信する
Caco-2 assay

… [Trackback]

[…] Read More on|Read More|Read More Informations here|Here you can find 68548 additional Informations|Informations on that Topic: 1coingame.info/fallout76/pacifism/ […]

返信する
DMPK

… [Trackback]

[…] Find More here|Find More|Read More Infos here|Here you will find 23093 more Infos|Informations to that Topic: 1coingame.info/fallout76/pacifism/ […]

返信する

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。