500円でもゲームを楽しく遊べることを証明するブログ

TPS初心者さんの上達に重要なのはエイムでは無く○○だ!

アナタは話題のTPSで悪戦苦闘していませんか?

  • PUBG
  • フォートナイト
  • 荒野行動

大人数のプレイヤーで戦うバトルロワイヤル形式が主流となっております。

 

僕もブームに便乗しようと思い、基本無料のフォートナイトを絶賛プレイ中なんですが…

全く勝てない!(笑)

元々TPSはそんなに遊んでなかったんですが、予想以上に負けの連続。

「流石にそこまでまけんやろー(笑)」

なんて思ってたので余計にショックでした(笑)

 

アレっていきなり襲撃されたり、見えない所から撃たれたりしますよね…

仮に真っ正面からぶつかったとしても、弾は当たらないし負けてしまうことも多いのではないでしょうか。

「よっしゃ先に見つけた!」

意気揚々と敵を襲撃するも見事にボッコボコ(笑)

なんであの人達はあんなに上手いんでしょうね(笑)

 

せっかく集めた武器や物資も死んでしまっては水の泡。

コツコツ積み上げた努力も一瞬で消え去ります。

なす術もなくやられた自分の前には、煽りプレイで挑発してくる敵プレイヤー。

 

悔しいですよね。

 

しかも対して上手く無い相手だと尚更、腹が立ちます(笑)

「なんでこんな奴に!(笑)」

とかなったりしますよね。

僕はしょっちゅうなります(笑)

 

でも。

どうせ遊ぶなら勝ち残って”ドン勝”を経験したくありませんか?

よーく考えてみて下さい。

「アナタを倒したプレイヤーは上手かったですか?」

きっとほとんどの人がそこまで上手くないと思います(笑)

練習すれば充分追いつけるレベルです。

 

会った瞬間にベッドショット決められて瞬殺なんて人はプロレベルです。

てかプロでもそこまでの人は居ません(笑)

思い出して下さい。

 

「アナタはどの様な戦いをしてて負けてしまったのか」

自分から不利になるような戦いをしてませんか?

  • 位置関係が上にいる敵と真っ正面からぶつかる
  • 敵の陣地にジャンプしながら突入
  • 遮蔽物を気にせず突っ込む

どれも決して良い行動とは言えません。

敵を見つけた興奮で、何も考えずに敵と撃ち合ってるならやめて下さい。

 

初心者がそんな戦いしてるなら絶対勝てないです。

これは僕自身が遊んでる時に思った感想です。

初心者ほどエイムに頼りたがる傾向があります。

 

エイムとは”相手に標準を合わせる技術”の事です。

簡単に言うと”弾を当てる技術”の事を指します。

 

つまり。

多くの初心者は弾が当たれば勝てると思ってます。

これは僕もそうでした(笑)

 

けど実際はエイムなんて二の次です。

肝心なことは”弾に当たらないこと”なんです。

もっと言うと”死ななきゃ良い”という事です。

 

 

撃ち合いに発展すると、勝てたとしても少量のダメージは覚悟しなければなりません。

多くのプレイヤーが参加するTPSでは、少しのダメージでも致命傷です。

よって第1優先にする事項は”弾に当たらない”事だと思うんです。

 

だからと言って逃げまくるチキンプレイしろって訳ではありません。

敵に弾を当てなくても良いって訳でも有りません(笑)

エイムなんてものは一朝一夕で身につくはずがないんです。

毎日練習してるプロですら苦手意識を持ってる人もいる位です。

 

ここで質問です。

「過去にアナタを倒したプレイヤーは卓越したエイム技術を持ってましたか?」

何発か外したりしてませんでしたか?

初心者でエイムが完璧じゃなくたって勝てます。

エイムが苦手なら、苦手でも当たる様な戦い方をすれば良いんです。

それでもエイムのコツを知りたい人はこちら。

全然弾が当たらない人でも当たるようになるエイムのコツ!

初心者で重要なのはエイムでは無く戦術。

立ち回りとも言われる戦術を組み立てて、相手よりも優位に戦う事が最優先です!

感覚的に言えば。

  • 立ち回り→基本のストレート
  • エイム→応用の変化球

野球やってない人には分かりにくいかも知れませんが(笑)

基本の立ち回りを安定させる事で初めてエイムが際立ちます。

逆に立ち回りがしっかりしてれば、エイムを補う事も出来ます。

敵の弾に当たらないように動いて、敵に弾を当てやすくする戦いをするんです。

 

極端な話をします。

常にマリオのスター状態ならどんな初心者でも勝てますよね?

擬似的にスター状態を作り出すような戦いをすることが戦術の醍醐味です(笑)

  • アナタの家の中で戦う
  • 他人の家の中で戦う

どっちがアナタにとって優位に立てるかと言われれば、間違いなく前者でしょう。

結局何が言いたいかと言うと”自分が勝てる様な戦い方をする”事です。

まず最初に

ここからが大切です。

 

最初にする事は自分を認めて受け入れる事です。

 

 

「自分はまだまだ未熟者である」

その様に自分を認める事で道が開けることは明確です。

自分の足りない部分をしっかり把握して、考えながら遊ぶ事が確実に力を付ける秘訣です。

 

「自分が負けるはずない」

その気持ちも大切だとは思います。

ですが初心者が経験者を食うことなんて早々ありません。

なのに負けて悔しがるなんてちゃんちゃらおかしな話です。

 

まずは自分の立ち位置をしっかり認めて、常にチャレンジャーの気持ちで練習すること。

すると吸収力が桁違いに高くなります。

 

「ダラダラ言ってないで技術のアドバイスをしてくれ!」

とか思ってませんか?(笑)

 

メンタルが整ってない人にアドバイスを送っても、効果はないと思うんです。

人の言葉を鵜呑みにしてしまうと、必ず成長は止まりますし依存することになります。

アドバイスはしっかり聞きつつ、その言葉の意味する本質をちゃんと考えながらプレイしましょう。

 

限られた時間をアナタが最も効率よく使えることを祈ります。

戦術に関する3つのアドバイス

 

そこまで上手くない僕ですが、ちょっとしたアドバイスを送りたいと思います。

ここで紹介するのは基本の立ち回りです。

画期的なアドバイスではありませんが、自分のプレイを見直すきっかけになればいいかなと思います。

1.常に撃たれると思いながらカバーアクションを行う

カバーアクションとは壁や塀などの障害物に隠れるアクションを指します。

多くの初心者が侵す過ちとして”見つかったら隠れる”という行動をしてる人が圧倒的に多いんです。

これでは銃撃戦になったときに間に合いません。

間違いなく何発か被弾して、体力を失うことになるでしょう。

 

ここで意識してほしいのは”見えない敵をイメージする”ことです。

「前方に敵がいるかもしれない」

常に敵を意識することで、いざ戦闘になった時の被弾率が大きく下がります。

  • 誰もいない建物に入る
  • 敵が待ち伏せしてる建物に入る

全然入り方が違うと思います(笑)

 

敵が居ようが居まいが隠れながら進む。

これを肝に据えて行動すると、明らかに生存率が高くなります。

 

カバーアクションは基本の基本になります。

どのゲームでも使えるので必ず意識してマスターしてください。

わかりやすく言うならば”弾に当たらないように障害物を使う”イメージになります。

  • 塀の下にしゃがむ
  • 壁に隠れる
  • 柱を盾にする

なんでもいいので”当たらないように”意識することが重要です。

むやみに突進するよりも全然勝てます(笑)

2.TPS特有のカメラワークを使って隠れながら索敵する

 

そもそもTPSとは”サードパーソン・シューティング”の略称です。

カンタンに言うと”他人目線のシューティングゲーム”になります。

つまり後ろからカメラマンが撮影してるような画面の移り方になるわけです。

 

これを上手く活用すると”敵に見つからない角度から索敵”出来るんです。

通常だと視点が自分の目線なので、どこかに隠れてても頭を出してのぞき込まないと周りは見えません。

そんなことを悠長にしてたらヘッドショット食らいます(笑)

 

そこでカメラワークを操作して画面の角度を変えます。

するとどうなるか?

”隠れながら辺りを見渡せるんです”

 

これは重要なテクニックで非常に役に立ちます。

敵から先手を取れれば多くのメリットが得られます。

  • 奇襲によるダメージ
  • 死角からの攻撃によるプレッシャー
  • こちらの場所がバレるまで反撃を受けない位置関係

 

些細なテクニックながらも先手を取るためや安全確認のためになくてはならないテクニックです。

やり方は至ってシンプルで”どこかに身を隠しながら画面のカメラを回す”だけです。

一見すると壁に隠れてるだけのようですが…

実は小屋のようになっていて中に人が入った痕跡が!

このように動かずして辺りを見れるのはTPSならでは。

上手く操れば勝率アップに大きく貢献してくれるでしょう。

3.慣れないうちは照準を真ん中に置く

 

僕はエイムが死ぬほど下手くそなので、難しい撃ち方はしません。

照準を相手にいちいち合わせていたらいつまでたっても当たりませんので(笑)

 

なので相手を真ん中に捉えるように動くことにしてます。

照準を大きく動かさずセンターで相手を撃つように心がけてます。

 

すると下手くその僕でもそこそこ銃弾がヒットするんです(笑)

このやり方があっているかは分かりませんが、当てやすいことは確かです。

 

自分が動かずにサイトだけを相手に合わせるよりも、自分が動いて当てやすいように工夫した方がヒット率は高くなるでしょう。

それでもエイムに関してはとにかく練習あるのみなので頑張りましょう。

僕も頑張ります!(笑)

練習方法はこちらにまとめてあります。

2種類のエイムを使い分けてエイム力を上達させる方法

まとめ

  1. 常に撃たれる前提でカバーアクションを行う
  2. カメラワークを上手く使い視野を広げる
  3. 照準はなるべく真ん中に集めてヒット率を上げる

 

個人的にはこの辺を抑えとくと上達につながると思ってます。

 

僕もまだまだ未熟者なので、もっと丁寧にわかりやすく伝えられるように練習します(笑)

 

何かしらアナタのお役に立てれば何よりです。

 

追記:エイムを練習したい人向けに練習用の記事を書きました!

エイムを上達させるコツは2種類のエイムを学ぶこと

もっと手っ取り早く勝つ方法

「いきなり色々な事を言われてもよくわからん!(笑)」

っとなってるそこのあなた。

一番楽な方法を伝授しましょう(笑)

それは動画です

上手い人のマネをするのが一番効率的なんです(笑)

こちらをご覧ください。

ミラティブっていう実況配信アプリなんですがスマホでカンタンにゲーム実況が見れるんです。

YouTubeと違ってゲームだけに特化してるし、スマホゲームだけというのが特徴。

最近はスマホに荒野行動やフォートナイトなどのTPSが登場して盛り上がりを魅せてます。

やっぱり人のプレイは参考になりますからね~(笑)

しかもミラティブはスマホだけで自分が配信者になることも出来るんです!

実況って高いパソコンとか機材を集めるからハードルが高いんですよね…

でも。

これなら誰でもどこでも配信できますよね(笑)

無料で勉強にも使えるので気になった方はダウンロードだけしとくのもアリかなぁと思います。

ストアで探すのが面倒な人はこちらからダウンロードできます。

 

2 Comments

ふうまこたろう

こうゆうさんもフォートナイトされてるんですねーー^^
私もなかなかうまくならずにがんばってはいるんですが。。。常に撃たれる前提でカバーアクション大事ですよね><ひたすらジャンプしたり物陰に隠れたり。
まだまだドン勝までの道は遠いです><

あともし機会があればフォートナイトご一緒しましょう^^

返信する
kouyu

おぉーコメントありがとうございます!

こたろうさんも仲間ですね(笑)

ホントにドン勝までは遠い…

今度ぜひお願いします!

返信する

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。