500円でもゲームを楽しく遊べることを証明するブログ

ラングリッサーのスマホゲームの実力を確かめたら意外と面白かった話

名作をスマホゲーに移植する

意欲的とも言えるし、拝金主義とも言えるかも知れない。こればっかりは実際に遊んでみないと分かりません。スマホゲームと聞くと課金が頭に浮かび、素直に遊べない自分がいる。

今回は長きに渡りナンバリングが続いてる王道作品”ラングリッサーシリーズ”のスマホゲーを紹介したいと思います。とか言ってますが、実はシリーズ未経験者です。その状態でも楽しめるかどうかを含め、伝えられればと思います。

  • 名作をスマホゲームに移植した結果どうなったのか?
  • シリーズの続編にふさわしいのか?
  • 未経験者でも楽しめるのか?

そこら辺を絡めて説明したいと思います。

ラングリッサーシリーズ未経験でも楽しめのが魅力

ラングリッサー 過去作シナリオ

シリーズモノのゲームを遊ぶ時って、IとかIIとかIIIとか一体どれから遊べば良いのか悩みますよね。初代から遊ぶと重たく感じるし、途中から遊ぶとストーリーが把握できなかったら…

こうゆう

僕は正直ナンバリングタイトルに苦手意識を持ってます(笑)

肝心のラングリッサーにどのくらい続編があるかと言うと、何と”5作品”にも渡り存在しております。これだけ長く続くと言う事は、多くの人に愛されてる証拠。とは言ってもどれから遊べば良いかは悩みます。

今回紹介するラングリッサーのスマホゲーは過去作品を擬似的になぞるコンテンツが収録されてるんです。言葉を変えるとこう言えます。

“過去のラングリッサー”のストーリーを知ることが出来る

残念ながら今作はストーリーが繋がってる部分があるので、過去作品を知らないと少々置いてけぼりを喰らいます(笑)しかし、擬似的にストーリーをなぞることで、シリーズ未経験特有の”話についていけない”という悩みが解消され、より一層ラングリッサーの世界観に染まることが出来ます。

こうゆう

無料でストーリーを追えるなんて素敵やん…

流石に細かい部分を全て網羅する事は難しいですが、ざっくりとした概要を追えるのは大きなポイントだと思います。ラングリッサー少し古い作品なので、今から遊ぶとなると探すのも一苦労。スマホで尚且つ無料でという部分に惹かれます。

意外と本格的なシミュレーションRPG

ラングリッサー バトル

スマホゲームのRPGと聞くと、キャラガチャありきの課金ゲームのイメージが先行します。そりゃもちろん課金した方が有利に働くと思いますが、だからと言ってストーリーが難航するほどではありません。

ラングリッサーで本当に課金が必要になるのは”対人”コンテンツであり、普通にストーリーを進める分には必要とは感じませんでした。コツコツと強くすれば、シリーズ続編にあたる今作を攻略することは可能です。

序盤からシビアな難易度ですが、ユニットの相性や戦術(自分に有利な地形や陣形に誘い込む)を考えれば、割とクリア出来るんです(笑)

今作は登場する歴代キャラの個性が強く反映されており、弱くても使いようによっては化けるユニットが存在します。課金ガチャでレアキャラを引かなくても、掻き集めた低レアをじっくり育てることで充分ストーリーは堪能できるんです。

全てのユニットに役目がある

良い意味でソシャゲっぽくない個性の強さが、無課金勢の心を鷲掴みにします。伝統に恥じないやりごたえのあるシミュレーションゲームなので、僕のようなシリーズ未経験でも楽しめるほどレベルの高い作品です。

ユニット1つ1つに個別のスキルがあり、細かく仕様が枝分かれしてるので、全く同じ運用になる事は基本的にありません。ステージによってパーティ構成を変えたり、キャラのクラスを変更する事でギリギリクリア出来る高難易度がやり込みを加速させます。

逆に言うと何も考えずにカンタン操作で無双したい人には向いてません。しっかりと考え、敵の強さにもがき苦しみ、色々なキャラクター楽しみながら育成できる人なら必ず満足出来ます。

使えるユニットが完全な下位互換と上位互換ばかりだと、どうしてもテンションも下がりますよね。数あるユニットの中から、性能が弱くても戦略立てて遊ぶのがシミュレーションの醍醐味。

名作の名に恥じないゲームバランスで、本格的なシミュレーションゲームとして遊べます。楽して遊びたい人には向いてません(笑)

無課金勢ならやり込みコンテンツが命

ラングリッサー コンテンツ

少額でも課金を渋る、プライド高きスマホゲーマー。例えワンコインでもお金を払ったら負けの信念を崩さない。そうです、僕です(笑)

スマホゲーを愛する人の中にはお金を一銭も落とすことなく、途方も無い時間と愛を捧げる人が存在します。労力を掛ければ上位勢になるチャンスはいくらでも転がってます。無課金も廃課金もゲームにかける情熱は等しいはず。

無課金勢にとってめちゃくちゃ大切にしてる要素をお教えします。それは”コンテンツ量”です。やることがありすぎて時間が足りないゲームならば、課金者の足元を救える可能性が生まれます。みんなが面倒くさがってやらないコンテンツを、地道にコツコツ遊ぶことで抜きん出るのです。

コンテンツ量が多いほど”強くなれる”チャンスが多くなり、無課金でもそこそこ楽しめるゲーム性を持ってます。シンプルなゲームの方が好まれると思いますが、どうにかして無課金で強くなるためには、面倒くさいことの周回プレイが必須です(笑)

やり込みコンテンツは無課金勢にとって命綱

お金を落とさない=ゲーム愛がないではありません。どっぷり楽しんでる無課金勢も居ます。ガンガン課金しても弱い人はいくらでも居ます。

ラングリッサーは序盤こそ制限が多く、自由度が低く感じます。もうホントにイライラします。そこを乗り越えることで新しいコンテンツやパワーアップが始まり、加速的に楽しさが増すんです。

こうゆう

序盤はマジで辛いですけどね(笑)

名前に釣られて始めたアプリですが、蓋を開けてみれば本格シミュレーションRPG。無課金だからと嘆く前に、目の前のやるべきことに集中する。気づけば少しだけ強くなったキャラが、敵ユニットを蹂躙しクリアへの道が拓ける。他の人がどう思うかは知りませんが、僕は今作がかなり良心的だと思う。

労力に対しての見返りがある

これだけでもラングリッサーモバイルを遊ぶ理由として評価出来ると僕は感じてます。マンネリ気味なソシャゲに、少し変化を加えたいあなたに是非進めたいゲームです。

ラングリッサーシリーズが遊びたくなる正統スマホゲーム

どこでも遊べるスマホゲームかつ無料で遊べるラングリッサー。怪しさ満点な状況から始まった今作ですが、かなり満足できるレベルに仕上がってると思います。普通に面白いです(笑)

最近のソシャゲに慣れてないからそう感じるのかも知れませんが、ユニット一人一人に個性が与えられ、しっかりと存在意義が与えられてる部分に好感触を隠せません。似たり寄ったりのキャラゲーとはえらい違いです(笑)

ちょっと過剰評価なのかもと思いつつ、日課の如くデイリーイベントを消化して強くなってる実感を感じる。中々進まないシナリオにうんざりしつつも、隙間時間に行うレベリングに幸せを感じる。何とも平和で穏やかな日々。やっぱりゲームって良いな、と会社のストレスをかき消してくれる。

サクッとカンタンに敵を倒してストレスを発散したい!

という人にはオススメしません。間違いなく合わないと思いますし、だったら他にオススメのゲームがあります(笑)

腰を据えて考えながらゲームを遊びたい

そう考えてる人が居るようであれば、全力で勧めたい。名作の名に恥じないシミュレーションの醍醐味がここに詰まってるから。



ラングリッサーをiPhoneで遊ぶ方はこちら

ラングリッサーをandroidで遊ぶ方はこちら

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。