500円でもゲームを楽しく遊べることを証明するブログ

【DEEMO レビュー】目に見えない美しさは存在するんだと僕は初めて感じた

音が降ってくる。

コンビニで買った安物のイヤホンを介してるにも関わらず、音は横からではなく上から降ってくる。

自分が電車で揺られてる時も、仕事のお昼休みでのんびりしてる時も、音は依然として上から降ってくる。

まるで音が鳴り響く箱の中に入れられたかのように、”音”という存在の重さを感じる事が出来た。

凄いと思った。

ホントにただただ凄いって思った。

今回はスマホアプリとして誕生し、今ではSwitchにも移植された名作と謳われる音ゲー”DEEMO”を紹介しようと思います。

目に見えないのに美しい世界

僕は今まで”キレイ”とか”美しい”とか美的センスは1ミリもないと思ってました(笑)

映えるような写真を上手く撮るセンスも、人が喜ぶような上手い絵を描くセンスもありません。

芸術なんて難しい感性はミジンコレベルです(笑)

そんな僕でも”美しい”と感じるアーティスティックな部分がDEEMOにはありました。

 

あなたは何を見て美しさを感じますか?

  • 四季が織りなす各地の壮大な自然
  • どこか惹かれる魅力的な異性
  • どん底でも力強く生きる姿勢

定義は僕にも良くわかりませんが、人それぞれ感じる部分が違うと思います。

というか僕自身”美しい”と言う言葉をあんまり使わないので、ニュアンスの話になっちゃうんですけどね(笑)

「あの子めっちゃ可愛い!(笑)」

とは言っても。

「あの子めっちゃ美しい!(キリッ)」

とは中々使いませんよね?(笑)

“美しい”と言う意味は知っているにしても、なんとも表し難い表現だなと僕は思ってます(笑)

音が景色を産む

「そんなバカなことあるわけない(笑)」

確かに音を聞いただけでは、目の前にグレートキャニオンが見える訳ありません。

そしたら誰も観光になんて行きません(笑)

でも想像してみてください。

アナタがイメージできる風景ならば、頭の中に景色を思い描くことが出来ると思いませんか?

  • カモメの声や緩やかなさざ波の音=誰も居ない静かな海
  • 木々が揺れて微かに鳴る葉の音や風が通り抜ける澄んだ音=暖かな木漏れ日が差し込む自然の中
  • ガチャガチャ響く打撃音や狭い空間をにぎやかに反響する機械音=人の出入りが激しいゲームセンター

なんとなく見えてくるモノがありませんか?

 

DEEMOは不思議なゲームで音を聞いてるだけなのに、その時のシーンや心情が伝わってくるんです。

妙に切なくなったり、心の栓が抜けたかのように激しい曲だったり。

「そんなの音ゲーなら皆んな一緒だろ(笑)」

僕も最初はそう思ってました。

でも違った。

DEEMOは感情をえぐる音ゲー

最後まで遊びきった僕の感想です。

単純にテンションが上がるとかではなく、何かしら自分の感情に深く訴えかける楽曲が多い気がしました。

心に響くというよりも、心をえぐる様な重みを感じました。

ここまで感情を表現出来てる音ゲーは中々お目に掛かれないと思います。

僕のお気に入りは”magmolia”です!

心の奥にしまい込んでた感情が一気に爆発したかの様なハードな楽曲で、難易度もかなり高め。

ついついのめり込んで何回もリトライしたくなる大好きな曲です(笑)

聞きなれなかったピアノの楽曲

音ゲー=ゲームミュージック

このようなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

ピコピコとした電子音や重低音が鳴り響く重めの曲などが多いと思います。

しかし、DEEMOはほとんどがピアノ曲として収録されてます(もしかしたら全部かも)

一言で言えばオシャレです(笑)

正直、自分の好みはがっつりとしたゲームミュージックなんですがDEEMOの楽曲は素直に聞き入ることが出来ました。

普段がっつりと音ゲーをやられる方や、ゲームのBGMを優先してゲームを選ばれてる方にこそやって欲しい。

というか聞いてほしい。

ピアノってキレイな音色を鳴らすんです。

ホントに。

僕は生まれて初めてピアノってすごいなって感じました。

そして遊んでる最中だけ、ゲームの世界に心から身を投じることが出来ました。

美しい音色と情景に癒されつつ、どっぷりとDEEMOの世界に浸かってくれれば幸いです。

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。