銃好き至高のローグライク【Enter the Gungeon】エンター・ザ・ガンジョン

機種 PC.PS4
ジャンル ローグライク
購入価格 Steamで定価1480円→セール740円で購入
日本語対応OK

ランダムで変化する魅力的なガンジョンに夢中

出てくるもの全てが銃に関わるものになっていて、銃好きなら堪らないローグライクゲーム。

ローグライクと聞くとトルネコやシレンを筆頭とした、不思議なダンジョンシリーズを想像しがちですが、今作はバリバリのアクションゲームになってます。

遊ぶたびにダンジョンの形が変化するのは勿論の事、扱える武器も完全にランダムなので、沢山の銃を使う事になります。

最強の武器を常に使うのでは無く、臨機応変にガンを使い分けるテクニックが重要なので、必然的に色々な銃を使うことになります。

ネタ色の強い個性的な銃が多く、一見すると使えないと思う銃が多いのも魅力。

遊び心がたっぷり詰まった中毒性の高いアクションが、あっという間に時間を食いつぶしてくれるでしょう(笑)

一回一回のプレイも短くサクサク遊べるので、何回も遊びたくなるリプレイ性も嬉しい所です。

さくさく遊ぶという点に関してはdownwellと似てるかもしれませんね。

何よりも。

たっくさんの個性的な銃を使ってプレイするのが、ホントに楽しいのでかなりオススメです。

自分の腕が試される銃好き御用達のローグライク

ローグライクの目玉と言えば、完全ランダムで作られるダンジョンと持ち込み不可能なシステムです。

培われた知識と腕前だけで楽しむ事が出来るので、何回でも新鮮な気持ちで挑めるのが大きな魅力です。

本作もダンジョン構成や道中の武器も完全ランダムで生成されるので、非常にやりこみがいのあるゲームになっております。

ここまでは良くあるゲームなんですが、今作ならではの特徴が“出てくるもの全てが銃に関するモノ”と言う部分です。

お金は弾頭だし、敵の攻撃も全て弾丸を使って表現されてたりと愛を感じるものになっております。

銃弾の形をしたモンスターの銃弾を掻い潜り。

銃弾の形をしたお金をかき集め。

店で銃弾の形をしたライフポイントと交換する。

もう堪らないですよね(笑)

シンプルでカンタンな操作性で初心者も安心

キーボードで移動してマウスで攻撃する感じの操作なんですが、意外と遊びやすい。

基本的に使うのは上下左右の移動に使う4つのキーと、ドッチロールと呼ばれる回避に使う1つのキー。

あとはマウスさえあればそこそこ遊べてしまうのが魅力的に感じます。

画面内の敵弾を消して怯ませる事が出来る”ブランク”と呼ばれるアイテムや、机を盾にしたりタルを転がしたりするアクションなど、行動の幅も結構広いです。

Steamと連動させる事でPS3,PS4,xbox等のコントローラで更に快適に遊ぶことも可能です。

ちなみに僕はPS4のコントローラーでも遊びましたが、かなり遊びやすかったです(笑)

PCゲームと聞くと難しいイメージがありますが、プレイしてみると意外にも快適でサクサク遊べちゃう印象でした。

チュートリアルもしっかり完備されてるので、操作説明も分かりやすく、日本語にも対応してる所が良心的。

ガンと言うマニアックな部分に重点を置いてる割に、万人ウケもする様な作りになってて面白いです。

ネタに溢れた個性的な銃の数々が中毒性を誘う

一番の特徴はやはりコレですね。

ホントに種類豊富な銃が落ちてるので、ついつい夢中になって何回も遊びたくなっちゃうんです。

  • ジョーズを彷彿とさせるサメを打ち出すガン
  • 敵の弾ごと吸い込むブラックホールガン
  • 消防車並みの水圧で敵を押し込むガン

これは銃なのかと言いたくなるような個性的な銃ばかりで、発見するたびに嬉しくなって試し撃ちしたくなります。

とは言え所詮はランダム生成なので、どんな武器が手に入るかも分かりません。

そこが楽しいんです。

決まった武器が使えない分、自分の知識と腕前がダイレクトに反省されるシビアな部分に惹かれてしまうんですよね〜

複数のキャラから1人を選んで遊ぶんですが、各キャラクターは弾薬無制限の武器を持ってるので、詰むことはありません。

拾った銃に関しては弾薬がしっかり存在してるので、無駄撃ちなんかしてると一瞬で弾切れなんて事も。

ダンジョンを進めば進むほど、銃や弾薬等のアイテムが落ちる確率は高くなるので、後半は避けて撃ってのドンチャン騒ぎです。

是非是非ネタ武器をぶっ放して快感に酔いしれて下さい(笑)

このゲームに合わない人

実力至上主義が嫌いな人

ローグライクにありがちな武器を持ち帰っての合成とかも無いので、完全に新規で挑むことになります。

アイテムに頼ることが出来ないので、自分のテクニックと運が試されます。

ネタ武器なんて要らないと言う人

とにかく種類が多いので、全然使えない銃などがゴロゴロしてたりします(笑)

などの理由で銃の使い分けが難しく、慣れるまでは最初から装備してる基本武器の方が使いやすい事も多々あります。

ゲームにボリュームが欲しい人

階層が最大で8階までなので、ボリュームが凄いかと言われると案外そうでもないです。

プレイが安定してクリア出来るところまで上達すると、物足りなくなっちゃうかも。

何十階も潜って、ヒヤヒヤしながら進む、ローグライクならではのドキドキ感がもう少し欲しかったかなと思います。

まとめ!

銃好きにオススメする骨太ローグライク

率直な感想を言わせてもらうと、かーなーりハマりました(笑)

使えない武器を上手く扱って攻略したりするのも楽しいし、手に入れた武器をゲーム内の辞書で眺めるのも好きでしたね〜

ローグライクという事もあり、普段は使わないような武器を使う機会があるのも面白いと思いました。

僕はローグライク系が好きなので一緒にクリプト・オブ・ネクロマンサーも地味にオススメしちゃいます(笑)

PCのみならずPS4でもダウンロード販売してるので、気になったら要チェック。

銃を使った面白いアクションゲームをお探しの方にオススメです。

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。