500円でもゲームを楽しく遊べることを証明するブログ

【SINNER レビュー】勝つたびに弱くなる反骨精神溢れるマゾゲー

一体いつからだろうか、ゲームにやりがいを見出せなくなったのは。

  • 勧善懲悪な王道ストーリー
  • 多彩なアビリティによる育成システム
  • やり込み甲斐のあるボリューム

ゲームとしての進化はとどまることを知らず、オマケにグラフィックまでもが劇的な変化を遂げている。

ゲーマーにとっては喜ばしい限りなのかも知れません。

ゲーム全体の評価平均が向上し、出てくる作品全てに、期待が大きくのしかかる様になりました。

今のゲーム業界のレベルの高さは、クリエイター様の弛まぬ努力と、ユーザーの飽くなき好奇心による功績だと思ってます。

 

でも気づいたんです。

面白くなったけどつまらなくなった。

ゲームそのもののレベルが圧倒的に高くなったおかげで、ゲームの完成度も高くなる。

「このゲームはこう言うゲームです」っと言うメッセージが鮮明に伝わってくる。

何から何まで上手く出来過ぎてて、プレイヤーの介入出来る部分が減ってる気がするんです。

そもそもゲームはそうあるべきなのかも知れない。

でも僕は、あなたとゲームの関係性が繋がった時、初めてゲームが完成すると思ってます。

最近は誰が遊んでも面白いゲームが、マシンガンの如く打ち出されてますが、心に響くゲームに出会えてない。

ゲームと人を繋ぐ部分である、余韻や遊びが狭すぎるからなのではないかな。

完成度が高すぎて、ゲームだけでもゲームとして成り立ってる。

そりゃ当たり前であり、良い傾向なのかもしれないけど、僕としてはちょっと寂しい。

 

そんな中とあるゲームに出会った。

SINNERと言うSwitchのゲームである。

「何これ、どう読むの?シンナー?薬物やん(笑)」

正しい読み方はシンナーではなく”シナー”であり、意味は”罪人”です。

「なるほど…罪に関するゲームなのね」

英語の意味を見る限り、なんとなくニュアンスは掴めた。

噂を聞く限り、高難易度のゲームでソウルシリーズを彷彿とさせるゲームらしい。

ここ最近、ゲームに対する熱量も失速しつつある自分にとって、もう一度ゲームを見つめ直すチャンスだと思いました。

“何故ゲームを遊ぶのか?”

この部分は人によってまちまちで、何を思おうが勝手。

これが正解、それが正解。

これは不正解、それは不正解。

んなものは無い。

だからこそ、自分の中でゲームに何を求めるのか知りたかった。

「ゲームのやりがいってなんだろう」

僕はもがくようにSINNERを手に取った。

タイトル SINNER(シナー)

詳細情報

  • 機種 Switch
  • ジャンル アクション
  • 購入価格 ニンテンドーeショップで2390円

ざっくり概要

ボス戦のみの高難易度アクションゲーム。

平たく言えばワンダと巨像みたいなイメージで、1人で黙々とボスを倒す感じです。

操作感覚はダークソウルやデモンズソウルなどのソウルシリーズと似ていて、攻撃や回避にスタミナを消費するので無駄に動けません。

闇雲に行動するのではなく、相手に合わせて慎重かつ丁寧に対応していく。

「カンタン操作でド派手なアクション!!」

みたいな初心者ライク要素もなく、完全にコアゲーマー向けの作品に仕上がってます。

「ダークソウルの操作感のワンダと巨像」

くどいようですが、これが一番伝わりやすいと思う。

評価したいポイント

高難易度のアクションゲームならたくさんある訳で、SINNERを選ぶ必要はないんです。

今作をレビューした大きなポイントは”レベルダウン”するシステムを採用してる部分。

ありそうでなかった、鬼畜仕様の魅力を少し説明させて下さい。

 

倒すほど弱くなる”レベルダウンシステム”

カンタンに言えば敵を倒すほど、こちらが弱体化を食らうと言うもの。

  • 体力・スタミナの減少
  • アイテムの減少
  • 一部の行動に制限を掛ける

などなど。

遊ぶほど弱くなるんです(笑)

アクションだろうが、RPGだろうが、ゲームを遊ぶほどキャラクターは強くなり、成長を感じられるのがゲーム。

  • 能力の強化によるパワーアップ
  • 新しい技の習得
  • レベルによる達成感

あなたの実力と比例するようにキャラクターも強くなり、達成感や充実感を与えてくれるはず。

 

なのに何故、弱くなるのか?

この部分が今作のキモに当たると僕は思う。

ここまでの時点で肌に合わないと感じたなら、購入を辞めた方がいい。

100%ストレスしか溜まらない(笑)

もし、興味が湧いたならば引き続きお付き合い願えたらと思います。

ココがポイント!

  • 動作一つ一つに重みを感じる重厚な世界観
  • ゲーマーを嘲笑うようなボスの猛攻
  • プレイヤーの腕が全ての硬派な作り
  • 倒すほど弱くなる独自のシステム
  • 倒した人しか味わえない達成感

無心でぶつかるボスバトル

ただひたすらに、己の実力を全力でぶつける。

これほど気持ちいいモノはない、そう言い切れるほど清々しい気持ちになった。

全力で戦ってるのに歯が立たない、なんてことは良くあることで珍しくもない。

強敵との戦いはどのゲームでも必ず通る道である。

 

SINNERは前述したように”ボスバトルのみ”で構成されており、常に緊迫したバトルをしいられるのが特徴。

すると当然ながら、神経は少しづつすり減り、心がくじけそうになってくる。

「雑魚と戦ってスッキリしたい…」

そう思えるときも多々ある。

しかし立ちふさがるのは、殺意むき出しかつ全力で殺しにくるボスのみ。

安楽の道はなく、ひたすら厳しい戦いを迫れられます。

「ストレス過ぎるぅ!!(笑)」

なんて最初は言ってましたが、遊んでるうちに敵の行動パターンや戦い方が見えてきます。

すると少しづつ、相手の体力を削れるようになってくるんです。

1戦1戦を大切に戦う。

そんな当たり前のことを僕はいつまにか忘れ、自らの経験に溺れてゲームを遊んでた気がしました。

 

本来ゲームってトライ&エラーだと思う

初見でクリアできる方が稀で、何回も間違えてこそ正解の道が見えてくる。

ここまで大量のゲームが発売されれば、経験則でなんとなく動き方が掴める時があります。

僕だけに限らず、これをみてるあなたも感じる時があるはず。

でもそれって違う気がするんです。

だって一つとして同じゲームは無いんですもん。

「あのゲームと似てるからこんな感じで動けばいいのかな~」

なんて惰性で遊んでてクリア出来るのって、どうなのかなって思うんです。

SINNERはホントに1戦が重くて、充実したバトルをすることが出来ました。

 

もちろん、ゲームに対する考えや感じ方は人それぞれ。

そこまで求めない人の方が多いとも思いますが、僕はバチバチした戦いが好きなので、考えながら戦えるSINNERが好きです。

全力でぶつかれるゲームって、今となっては案外貴重だったりするのではないかなぁと、感じてなりません。

レベルダウンシステムは何をもたらしたのか?

本作を語るときに切っても切れないのが、注目の”レベルダウンシステム”である。

何回も言うようだが、戦うほどに弱くなるシステム(笑)

この”弱体化”がプレイヤーに何をもたらすのか?

っという部分について賛否はあると思いますが、個人的に大賛成という結論が出たので、考察を踏まえてお伝えできたらと思います。

弱体化は快楽を殺す

言うまでもなく、敵を倒して弱くなるなんてゲームの楽しみを殺してるようなものである。

これのどこがオススメポイントなのか、疑問に感じてる人も多いと思う。

だがしかし、よくよく考えて欲しい。

「あなたは何故ゲームを遊ぶのか?」

キャラクターを強くするために遊んでる人は少ないだろう。

僕なりの見解はこうである。

「自分が強くなるために遊ぶ」

プレイヤーであるあなた自身が強くなるために、一心不乱に打ち込む。

上手くなったから何か良いことがある訳でもなく、無我夢中で打ち込む。

目の前のゲームを楽しく遊びたいという純粋な気持ち。

それこそが僕たちを動かす原動力。

 

SINNERを遊んだ時に久しく忘れていたピュアな気持ちが、心の奥底でぴょこぴょこ跳ねてる気がした。

「上手くなりたい」

キャラクターの成長という快楽を脱ぎ去ることで、自分の中に眠る純粋な向上心が顔をだす。

倒せば倒すほどキャラは弱くなり、自分自身は強くなる。

だからこそ面白い。

忘れかけていた情熱を取り戻すには、このくらいの荒療治がちょうどいい。

総評

ゲームを遊ぶ意義を見出すマゾゲー

難しい!

カッコつけて書き上げたつもりでしたが、未だにプレイが安定してません(笑)

いや~全く勝てない(笑)

でも良いんです。

「もっともっと上手くなりたい」

この気持ちが消えない限り、僕はSINNERを遊び続けることが出来る。

ゲームへの情熱を吹き返すことが出来る。

誰もが楽しく遊べるゲームではありませんが、ゲーム玄人さんならイライラしながら楽しめると思います(笑)

ブログも書き終えたことだし、僕はちょっくら50回くらい死んできますね(笑)

ボスの特色と攻略

ちなみにですが、どんなボスが居るのか知りたい人も居ると思うので、軽く紹介したいと思います。

フェズ・ティラス

毒を操る鳥人間。

広範囲に及ぶ毒攻撃と、いやらしい設置技などでプレイヤーを封殺してきます。

フェズ・ティラスの攻略記事はこちらから

アグロン

怒り狂う巨大な溶岩魔神。

体力をごっそり奪う巨大な拳と、崩れ落ちる足場のプレッシャーがなんとも言えない緊張感を生む

アグロンの攻略記事はこちらから

14 Comments

つぐみ

SINNER良いですよね♪
『マジでこんなのに勝てるのか?』から『あともう少しでイケそうだった!』そして『やった倒したぞ!』に変わるまでが本当に楽しいゲームです。

自分も死にまくってますが久々に燃えるゲームです。

返信する
kouyu

かなりのマゾゲーで僕も久々に燃えてます(笑)

苦手だったボスのパターンなどが分かってくると、徐々にイケそうな感じがしてきて面白いですよね~

マイナー作かも知れませんが、多くのゲーマーにオススメしたい作品です!

返信する
DMPK

… [Trackback]

[…] Find More on|Find More|Find More Infos here|There you can find 73796 more Infos|Informations on that Topic: 1coingame.info/sinner/revier/ […]

返信する
MDR1 and BCRP

… [Trackback]

[…] Read More on|Read More|Find More Informations here|There you will find 39045 additional Informations|Informations to that Topic: 1coingame.info/sinner/revier/ […]

返信する

寂しいので質問やコメントはお気軽に~(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。